2021年7月25日日曜日

読めますか?「旱蓮木」(2021.7.25)

 

 「カンレンボク」と読みます。「旱」は「旱魃(かんばつ)」という言葉があるように「ひでり」のこと、「蓮」は「はす」のことですが、中国名の意味はよくわからないようです。中国、長江以南の各省、標高1000m以上のところに分布するニッサ科の落葉高木です。当園では芝生広場の池の縁で、現在ボール状の花序をつけている姿を見ることができます。

 中国に分布する樹木がなぜ当園にあるのかというと、昭和64(1989)年5月に福岡市と中国広州市が友好都市になって十周年を迎えた記念樹として贈られたものだからです。植えられてから32年を経過して十数mの大木に成長しています。中国では別名「キジュ【喜樹】」とも呼ばれており、記念植樹の看板には「生命力、繁殖力の強い木で、それを健康長寿や子孫繁栄に結びつけて喜樹と呼ばれている」との説明があります。なお、近年の研究では根に含まれるアルカロイドには制癌作用が認められているそうです。

 ボール状になった花序をアップにしてみました。花序は頂生(ちょうせい・先端につく)と腋生(えきせい・脇につく)の2タイプがあります。まず先端の球花序ですが花柱の先が2~3裂しているので雌しべの集まりのようです。

 次に脇についた球花序ですが、びっしりと雄しべが出ています。



 と、ここまで調べたところで、参考のために過去に園内で撮影されたカンレンボクの写真をチェックしていたら気になる一枚が!
          
 平成25(2013)年7月19日に撮影された花の咲き始めの写真ですが、先端の花序に出ているのは雄しべのようです。
 次の、今年の脇の花序が開く直前、つまり開花後数日経過した写真と見比べてください。先端の花序は雌しべの花柱が目立っています。
 先端の花序に雄しべ、雌しべ両方が出てています。いろいろな資料を確認してみると、カンレンボクの花はまず初めに雄しべを出して(雄性期)、次に雄しべが脱落した後に雌しべが出てくる(雌性期)という「雌雄異熟(しゆういじゅく)」という咲き方をしているということです。つまり植物が自家受粉を防ぐために、雄しべと雌しべの成熟時期をずらす工夫をしているのです。
 また、先端と脇の花序の開花時期も微妙にずらしているようです。次のの写真は、苗圃で育っているカンレンボクです。日当たりが良いせいか芝生広場のものより開花時期が早く、雌花はピークを過ぎて花柱は既に変色しているものの雄花はまだ咲き続けている姿を確認しました。これも自家受粉を防ぐ工夫の一つでしょうか。
 このカンレンボクを観察していると、蜜を求めて次々に花を訪れる大型の昆虫たちが目につきます。夢中になって花の間を飛び回っているうちに体中花粉まみれになっています。
 この昆虫たちも利用して受粉すると、例年9月末頃にはおもしろい果実を実らせます。直径5cmぐらいの、まるでミニバナナのような翼果が球状になった集合果になります。
 芝生広場の池の縁には枝が垂れ下がっているので、今咲いている花やこれから大きくなっていく果実を間近に観察することができます。

 連日暑い日が続いていますが、植物園には木陰がいっぱい、涼しい風が吹き抜けています。夏休みの思い出づくりにどうぞお越しください。           (解説員)                       









2021年7月18日日曜日

ちいさな大発見No.137(2021.7.18)ミッキーマウスの木? 

  今、廻廊温室ではヒペリカムに似た黄色い花と、奇妙な形をした果実を見ることができます。

一見すると、ヒペリカム? 

〇〇に見えますか?

 花は5弁花(たまに6~7弁)で、雌しべは1本、雄しべは多数あります。花後に花弁は落ち、やがて受粉した子房が膨らんで緑色の果実ができます。そして、黒い実に熟す頃、黄緑の萼がオレンジ色から赤くなって反り返ります。その姿がミッキーマウスに似ているということから、「ミッキーマウスの木」と言われています。

まだ熟していない果実

 学名はオクナ・セルラタと言い、南アフリカ原産の常緑低木です。

 このオクナ・セルラタには異なる2つの見方があります。

 1つは野鳥が果実を食べることで、糞と共に種子が撒き散らされ、オーストラリア東部では在来植物を駆逐してしまうほど増え、持ち込みが禁止されて駆除の対象となっているということです。

 もう1つ、東南アジアではその黄色の花や実付きから祝の木として好まれ、南アフリカでは、黒と赤、そして黄色のコントラストから魔避けや邪気払いとして大昔から庭先などに植えられ、現在でも縁起担ぎの植物としても親しまれているということです。 


  ミッキーマウスの木を是非、見に来てください。

【解説員K】


2021年7月15日木曜日

“コロナ禍のうれいを飛ばすバラの花”俳句小屋の展示作品を入れ替えました(2021.7.15)

(2021.5.7 バラ園)

先日、俳句小屋の展示作品を2か月ぶりに入れ替えました。臨時休園のため開園日数は少なかったのですが、多くの投句がありました。ありがとうございます!今回展示させていただいた作品の中から、数点ご紹介します。
まずはバラを詠んだ作品から。
"コロナ禍のうれいを飛ばすバラの花" 夢花
"バラよりも美しき妻の笑顔かな" ふじみつ
"ひとときの憂さを忘れるバラの園" よう子
"バラの花わたしの顔より大きいな" ありさ

当園のバラは今年も一面に大きく華やかな花を咲かせました。アーチの前で記念写真を撮られたり、ベンチに腰掛けてのんびり過ごされたり、みなさん思い思いにバラを愛でられていました。スタッフが手間と愛情をかけて育てたバラの中で、コロナ禍のみなさんの憂いがひと時でも晴れていれば幸いです。

続いて
"虫喰うに艶けき花よ耳掻草" はな
(むしくうにつやけきはなよみみかきぐさ)

食虫植物というと花が咲いているイメージではないかもしれませんが、ハエトリグサ、ムシトリスミレ、モウセンゴケなどなど、どれも上品でかわいらしい花をつけます。これらの食虫植物の花に共通しているのは、花の柄がひょろひょろと長いことです。これは受粉の手伝いに来た虫たちが、罠に引っかかってしまわないように工夫しているのではないかと考えられています。ユニークで子どもたちにも人気の食虫植物。夏休みにはぜひ観察にきてほしいものです。
※耳搔草は植物園ルールで夏の季語としています。
(ミミカキグサ)
(ハエトリグサ)

最後にアジサイを詠んだ子どもさんのものと思われる作品を2点。
 
"あじさいよ色とりどりにさいてゆけ" かりん
"おとうとはあじさいみたいかわいいな" みれい

アジサイはいろいろな種類、いろいろな色を長期間楽しめます。アジサイの花に対する感じ方がそれぞれで素敵ですね!
(2021年5月21日)

俳句の展示は、当園で句会を開かれている「植物句会」松尾康乃先生のご協力のもとに行っており、約1か月おきに入れ替えています。投句は野草園休憩所(俳句展示スペース)と、緑の情報館1階のポストで受けつけています。初心者の方も大歓迎です。みなさんのご投句を、お待ちしています!

※今回展示している俳句の一覧です。

<俳句係 M>






2021年7月3日土曜日

ちいさな大発見No.136(2021.7.3)ふしぎなたね?

 情報館近くのトイレ横で見ることができるこの植物は何だと思いますか。

???

葉のように見えているものは、実は花後にできたぺったんこな果実です。透けて黒く見えているものがありますが、これが種子です。

この植物にはおもしろい特徴があります。写真のように隔壁を挟んで裏表に薄い果皮で覆われた中に種子が数個入っています。

裏表に3こずつの種子

この果皮(写真左右)は簡単に剥がれ、隔壁(写真中央)は透明感があり、貝細工のような蝋質をしています。ドライフラワーやクラフトなどに使われるそうです。

花皮を剥がしたところ

 

アブラナ科特有の4弁花で芳香があり、白花もあります。ヨーロッパ原産の2年草です。発芽して2、3ヵ月経過した苗が寒にさらされないと花を咲かせません。春に種を蒔けば、翌年の春には開花しますが、秋に巻くと、2年後の春にしか開花しないのです。

こぼれ種で発芽した苗

 

そして、4月初めから約1ヵ月開花していた花がこちらです。

ルナリア

1901年に現在の東京芸術大学の合田清氏がフランスから持ち帰ったことで普及し、ゴウダソウ(合田草)の和名がついたそうです。他にも、実の形からギンセンソウ(銀扇草)、ギンカソウ(銀貨草)、オオバンソウ(大判草)などの別名がついています。

【解説員K】

2021年7月1日木曜日

希少種タシロラン発見!(2021.7.1)

 先週、来園された方から「桜坂方面から南公園樹林地を歩いてきたら珍しい植物がありました」と情報があり、撮られた写真を見せていただくとタシロラン【田代蘭】(ラン科)のようです。早速カメラを持って調査に行ってきました。

 見つけました! 樹林地の中、枯木を伐採して集積している場所にひっそりと数本の花茎が立ち上がっていました。環境省レッドデータブックで準絶滅危惧(NT)にランクされている希少種です。和名は、この種が明治39年に田代善太郎氏によって長崎県諫早で初めて採集されたことにちなみ、牧野富太郎博士により命名されています。
 緑の葉を持たず光合成を行わないランとして知られた種で、葉緑素を持たないため全体に白黄色を帯びています。樹林地内の落ち葉などの養分をもらって根に菌類を共生させ、その菌類を介して養分を得ているので「腐生(ふせい)植物」と呼ばれています。
   昨年5月に、このブログで取り上げたギンリョウソウ【銀竜草】(イチヤクソウ科)も同じく腐生植物です。
 なお「腐生植物」は、かつては周囲の腐葉土から栄養を得ていると考えられていましたが、菌類を食べて生きているともいえるので、最近では「菌食植物」とか「菌寄生植物」などと言い換えられているそうです。
 腐生植物は葉を持たないせいで、花時しか目につかない、とても見つけにくい植物で、
今回は残念ながらピークを過ぎて花被がうなだれていましたが、よく観察するとラン科に特有の唇弁に紅紫色の斑点があるのが確認できました。花被に連なる白黄色のふくらみは子房です。
 近年は、各地で雑木林が放置されて常緑樹林地化が進み、年間を通して暗く湿ったタシロランが好む環境が増大しており、地球温暖化の影響と相まって、希少種にもかかわらず分布域が広がっているとの情報もあるようです。
   南公園の中でも今後の繁殖状況を注目していきたいと思います。     (解説員)







 

2021年6月29日火曜日

ちいさな大発見No.135(2021.6.29)意外と見つかるものです?

 毎朝の散歩で気になっていた植物がありましたので、ちょっと足を止めて調べてみました。  場所は道路脇のガードレール下。土はほとんどなく、枯草と埃が堆積した場所におよそ15mに渡って白い花が密集して咲いています。もう3年ぐらい前から6月のこの時季に見かけます。

葉は十字対生







2021年6月27日日曜日

万葉集で詠われたワスレグサとは?(2021.6.27)

 

ヤブカンゾウ 万葉名わすれぐさ
 野草園にヤブカンゾウ【薮萱草】(ユリ科)の八重咲きオレンジ色の花が咲いています。  中国原産ですが我が国には古く渡来したと考えられおり、「史前帰化植物」と呼ばれます。中国ではこの花を身につけると憂いを忘れるといわれていたことから、古くはワスレグサ【忘れ草】と呼ばれ、万葉集に詠まれています。

「忘れ草 我が紐につく香久山(かぐやま)の 古(ふ)りにし里を 忘れむがため」

                          (大伴旅人 巻3-334)

 なおワスレグサとは、このヤブカンゾウをはじめノカンゾウやキスゲ類などユリ科ワスレグサ属Hemerocallisの総称と考えられています。

 ということで、あらためて「万葉集」とは約千三百年前に作られた我が国最古の歌集ですが、集められた約四千五百首のうち植物を詠んだ歌、あるいは植物と関係のある歌(枕詞など)は約二千首、取り上げられている植物は約百七十種類といわれており、万葉人にとって植物が身近な存在だったことがうかがえます。

 初夏に園内で見られる植物で、万葉集で詠われたものを紹介します。

アジサイ 万葉名あぢさゐ
「あぢさゐの 八重咲くごとく 八つ代にを いませ我が背古(せこ) 見つつ偲(しの)はゆ」
                            (橘諸兄 巻20-4448)
  和名は「集まった藍色の花」を意味する「あづさい(集真藍)」がなまったものといわれています。
ネムノキ 万葉名ねぶ
「昼は咲き 夜は恋ひ寝る 合歓木(ねぶ)の花 君のみ見めや 戯奴(わけ)さへに見よ」
                             (紀郎女 巻8-1461)
 古名のネブは、日が暮れると葉が合わさって閉じてしまう様子を「眠る」に例えたものといわれています。

 万葉集には野草も多く詠われています。
ツユクサ 万葉名つきくさ
「朝(あした)咲き 夕(ゆうへ)には消(け)ぬる月草(つきくさ)の 
   消(け)ぬべき恋も 我(あれ)はするかも」(読み人知らず 巻10-2291)
 古くは染色に用いられたことからツキクサと呼ばれていましたが、万葉集では染めた色が変わりやすいことから、多くは「移ろふ(心変わり)」の意味に用いられています。
ヒルガオ 万葉名かほばな


「高円(たかまど)の 野辺(のへ)のかほ花 面影に 見えつつ妹(いも)は 忘れかねつも」 
                          (大伴家持 巻8-1630)
 古名のカホバナはヒルガオの他、カキツバタやムクゲなどを指すとの説もあるそうです。
 あと意外なものでは、先日「バスから見える花」で取り上げたアカメガシワも詠われています。
アカメガシワ 万葉名ひさぎ
「ぬばたまの 夜のふけゆかば 久木(ひさぎ)生(お)ふる 清き川原に 千鳥しば鳴く」 
                             (山部赤人 巻6-925)
 万葉の時代には、アカメガシワの大きい葉に食物をのせ、神前に供える風習があったことからサイモリバ【菜盛葉】の別名もあったそうで、暮らしに密着した存在だったことがわかります。

 万葉集は、私たちの祖先が暮らしていた約千三百年前の時代の生活や文化を知る絶好の資料といわれています。万葉人たちがどのように植物とともに暮らしていたか、当時の様子を想像しながら観察すると楽しさが増すのではないでしょうか。
                                  (解説員)