2021年10月22日金曜日

ネコ好きな人に・・オススメ!(2021.10.22)

 ただ今温室入口階段前におもしろい鉢植えを展示しています。白色で筒状になった唇形花から雄しべと雌しべが突き出て、上向きに反った形がまるで猫のひげを思わせる、その名もずばりネコノヒゲ【猫の髭】(シソ科)です。インド、マレーシア原産の多年草ですが、耐寒性が低いので我が国では一年草として扱われています。マレー語ではクミス・クチン(Kumis髭+ Kuching猫)という名前で呼ばれています。ちなみに東マレーシアにはクチンという都市がありますが「猫の町」として有名ですね。

 ということで、ネコ好きな人におすすめの園内で見られるネコにちなんだ植物をご紹介しましょう。

 この3裂している葉はネコアシ【猫足】と呼ばれています。どうです、似ていますか?
 これは、実は薬草として知られているゲンノショウコ【現の証拠】(フウロソウ科)の葉で、ネコアシはその別名です。
「日本植物方言集成」(2001八坂書房)によると、結構全国的にこの別名で呼ばれているそうです。ちなみにゲンノショウコの別名では、イシャイラズとかミコシグサなどもよく呼ばれています。
 次は茎の3つに分かれた先端に注目してください。当園では展望台や温室中庭の外壁で見ることができるネコノツメ【猫の爪】(ノウゼンカズラ科)です。先端の爪は小葉が変化したもので、和名はまさにそのままですね。この爪を外壁に引っ掛けてつるを這わせていきます。中南米原産のつる植物で、耐寒性があるので我が国の中部以西の暖地なら良く戸外で生育します。漏斗形の黄色い花を5月頃咲かせます。
 髭や足、爪などネコの体の特徴になぞらえた和名の植物を見てきましたが、形が似ているということでは、ずばり、ネコヤナギ【猫柳】(ヤナギ科)が一番ではないでしょうか。
 3月頃春の訪れを真っ先に知らせてくれますが、ふかふかの花穂がネコの尻尾にそっくりです。(写真は園芸種のピンクネコヤナギ)

 いろいろな植物にネコにちなんだ和名がつけられているのは、ネコが古くから人間と暮らしてきて、それだけ身近な存在だということなのでしょう。
                                  (解説員)







 

2021年10月20日水曜日

ちいさな大発見No.146(2021.10.20)コスモスの仲間part3?

  市民花壇や芝生広場で撮った次の写真をご覧ください。 

花径3~4cmの???

 黄色いコスモス似の植物が風に揺れています。

 名前はキク科のウインターコスモス、本種はその園芸種でイエローキューピットと言います。5枚の舌状花の先に白い縁取りが入り、鮮やかな黄色へのグラデーションがとても美しい園芸種です。 

イエローキューピット


 今回、本種について調べていて驚いたことがあります。名前こそコスモスが付いていますが、NO.144号、145号で紹介したコスモス属の植物ではなく、何とセンダングサ属なのです。

 別名もキクザキセンダングサです。

 センダングサ属というと、アメリカセンダングサやコセンダングサが外来種として河原や空き地に自生している野草です。所謂、くっつき虫の仲間です。

 それらの近縁種というわけですから、本当にびっくりしました。 

アメリカセンダングサ 

コセンダングサ 

コセンダングサの舌状花?

 コセンダングサやアメリカセンダングサには花弁状の舌状花はないのですが、たまに、舌状花らしきものが見られる個体もあるようです。(上の写真参照)


 そして、やっと見つけたのが、シロノセンダングサです。


 センダングサやシロノセンダングサには5枚の舌状花があり、ウインターコスモスにとてもよく似ています。冒頭の写真と比べてみてください。

 センダングサの仲間の写真は南区で撮影しています。

【解説員K】


2021年10月16日土曜日

ちいさな大発見No.145(2021.10.16)コスモスの仲間part2!

 日本で栽培されているコスモスの仲間は前号で紹介したオオハルシャギクと、キバナコスモス、チョコレートコスモスの3種類です。これらは同じコスモス属の近縁種ということになります。

 そこで、今号ではキバナコスモスとチョコレートコスモスについて紹介します。

 まず、キバナコスモスですが、メキシコ原産でオオハルシャギクよりも葉幅が広く、夏の暑さにも強く、何より短日性があまりありません。 


 また、こぼれ種で勝手に増え、空き地や河原などでもよく見かけます。

 キバナコスモスと言っても、オレンジ色が圧倒的に多く、たまに名の通り、黄花種も見ることができます。


 最近では品種改良が進み、赤花系や八重咲種もつくられています。それは次で紹介するチョコレートコスモスとの交配により作出されたそうです。こちらは市民花壇に植栽されています。 

園芸種のキバナコスモス

 なお、前号で紹介した黄色いコスモスの作出には何十年も時間を要したとのことですが、もしキバナコスモスとオオハルシャギクが交配できたならもっと早い時期につくられはずです。しかしながら両者は同属別種のため交配できないのです。


 次は、同じくメキシコ原産のチョコレートコスモスです。チョコレートのような香りがするところから名前が付けられたのですが、一般種はほとんど香りがなく、チョコモカなどの園芸種がほのかに香るようです。


 また、オオハルシャギクやキバナコスモスは1年草ですが、本種は多年草で球根(根茎)植物です。花は不稔性のため、種を付けません。

 いよいよ来週から気温が下がり、本格的な秋の到来のようです。都心のオアシス(?)である福岡市植物園にぜひお出で下さい。

【解説員K】


2021年10月15日金曜日

ちいさな大発見No.144(2021.10.15)風に揺れて・・・?

  植物園のゲートをくぐると、最初に目に入ってくるのが色とりどりのコスモスです。今号から3回にわたり、コスモス関連について紹介します。 


 コスモスは秋の風物詩、みなさん、コスモスは大好きなのではないでしょうか。

 さて、コスモスは日が短くなると花芽をつける短日植物ですから、夏に種まきをし、秋に咲く性質を持っています。ですから、秋桜という漢字を充てています。

 ところが、最近は品種改良が進み、日長に影響されない春蒔きの早世品種が主流になりつつあります。

 それでは、植物園に植えている7種類のコスモスを紹介します。

 まず、草丈の低い矮性種のソナタです。花径約7cmの巨大輪。ガッチリした草姿で、開花期も長く、濃い赤紫やピンク、白があります。本園では最前列に植栽されています。 


 次はアメリカで作出されたセンセーションです。花径約8~10cmの超巨大輪。春に種まきをすれば初夏から開花が楽しめる早咲き種で、白やピンク、赤などがあります。2枚目はセンセーション・ラディアンスです。 



 そして、赤からピンク地に白の絞りや覆輪がさまざまに入るあかつきです。 


 4つ目はあかつきによく似ていますが、淡いピンクに濃いピンクで縁取りをしたような花びらをしているピコティーです。


 最後は玉川大学で作出されたキャンパスシリーズの3種です。まず、世界初の黄色いコスモス、イエローガーデンの改良種であるイエローキャンパスです。 


 そして、イエローキャンパスの改良途中に偶然できたものが、ピンクに黄色が重なったオレンジキャンパスです。オレンジと言っても、ちょっとくすんだピンク色をしています。 


 最後はクリムソンキャンパスです。当初はイエロークリムゾンキャンパスと言っており、明るい赤色で、若干青みを含んで紫がかっていると言われています。


 キャンパスシリーズは、いちばん最後に開花が始まりました。これら7種類のコスモスが風に揺れ、見事な花畑をつくりだしています。フォトスポットも用意されていますので、是非、お出で下さい。

【解説員K】


「ブンブン観察会 日本ミツバチと友達になろう」を実施しました。

 開催日 令和3年10月10日 日曜日 13時30分から15時30分

講 師 緑の相談員 小代 文明



内 容
スライドを使って日本ミツバチの特徴や大切な役目・生態・飼育の仕方・蜂蜜について座学を行い、実際に植物園で育てている巣箱を間近で観察します。終了後は園内で採取した蜂蜜を試食しました。


参加者の感想
初めての巣箱の観察できれいな六角形に驚きました。蜂の近くに行ったからとても面白かったです。いつも本でしか知ることができない蜂について実際に見て蜂蜜を食べて体験することができとても良かったです。
(運営係 A) 

2021年10月14日木曜日

植物観察会「旬の植物ガイド(10月)」を実施しました。

開催日 令和3年10月9日 土曜日 13時30分から15時30分

講 師 緑の解説員 渡 茂樹・加来 孝



内 容
この時期の見頃の植物15種を、解説交えながら観察していきます。最初に座学で植物の特性について学んだ後、実際の葉や花などを見に園内をまわります。今回はフジバカマ、ゲンノショウコ、ローゼル、キクイモ、ネコノヒゲ、ソテツ、ミラクルフルーツ、アサヒカズラ、ドラゴンフルーツ、スイフヨウ、ホトトギス、カシュウイモ等が見頃でした。
次回の植物観察会「どんぐり・紅葉」は11月13日です。



参加者の感想
色々教えていただいたので今後植物の見方が変わってくると思います。
10月とは思えない暑さ、楽しいおしゃべりが多く、いい雰囲気でした。
初めて参加させていただきました。大変楽しく勉強になりました。

(運営係 A) 

植物園友の会会員優先企画「Weekend Flower」トーク&ワークショップ(朝・昼の部)を実施しました。(2021.10.9)

 開催日 令和3年10月9日 土曜日

(朝の部 10時30分から11時30分・昼の部 13時30分から14時30分)

講 師 福岡花商協同組合の方々

内 容 

植物園友の会優先企画にて筑豊地域のトルコギキョウを使ったトークショー&ワークショップを開催しました。「筑豊地域花き生産者協議会トルコギキョウ研究会」のフェアリーグリーンの皆さまをゲストにお迎えして、楽しいトークショーやフラワーアレンジメントを学びます。朝の部・午後の部それぞれ定員10名様の少人数制でしたので、しっかりと講師の方々からお話が聞けてアレンジの仕方を学べると大変好評でした。

植物園友の会会員はただいま券売所にて申込受付中です。



参加者の感想
生産者のお話を聞くことができ、また楽しくお花に触れることができました。
1時間盛りだくさんで、とても気分が軽くなり、楽しい時間でした。豪華でびっくり!
ワークショップもお花がたくさんで大満足でした。時間が足りないくらいです。
トルコギキョウも品種によって作りやすい、作りにくいがあるとは驚きでした。

(運営係 A) 



2021年10月9日土曜日

園芸講座「ボタニカルアート入門講座(3回目)」を実施しました。

 

開催日 令和3年10月5日 火曜日 13時30分から15時30分

講 師 日本植物画倶楽部会員・ふくおか植物画会会長 細川 武子 先生


内 容
 8月・9月が臨時休園で延期になったため2カ月ぶりの3回目の講座でした。前回はツバキでしたが、今回はコスモスを題材に花と葉の特徴をよく見ながら下絵を描き彩色までしました。

 

(運営係 A) 

園芸講座「押し花教室(前期6回目・後期1回目)」を実施しました。

 

開催日 令和3年10月5日 火曜日 10時00分から12時00分

講 師 押し花インストラクター 泰松 雅子 先生


内 容
 押し花教室は前期と後期にわかれ、それぞれ6回の連続講座となっています。今回は前期6回目と後期1回目を合同で行いました。未経験の方は押し花でしおりを、経験者の方は額に作品を仕上げていきます。


参加者の感想
 コロナ禍に癒される押し花を受講できて嬉しいです。花に囲まれて幸せな気分です。みんなの作品をみて刺激をうけ楽しい時間でした。自分で押し花して自由に作るのが楽しかったです。

(運営係 A) 



2021年10月7日木曜日

「植物ってこんなにおもしろい2021~色~」を実施しました。


開催日 令和3年10月3日 日曜日 13時30分から16時00分
講 師 まほろば自然学校 岩熊 志保 先生


内 容
 植物が織り成す色の力を知ることをテーマに、セイタカアワダチソウの煮汁にビー玉を括りつけたガーゼを浸し、模様をつけたりしました。他にも藍の葉を木づちでたたき巾着に色づけをしました。


参加者の感想
 色染めが楽しかったです。巾着が楽しかったです。色をつけるのが楽しかったです。

(運営係 A)