2021年6月17日木曜日

バスから見えるチョット気になる花~初夏編(2021.6.17)

 勤務地の植物園には毎日バスで通勤しています。城南線から浄水通りに入って「動物園西門前」T字交差点の手前が南公園樹林地の林縁にあたるので、季節ごとに気になる花が車窓から見えます。この時期、大きく広げた枝葉の頂部にクリーム色の花が穂状についているのが目に入りました。  我が国では本州の岩手・秋田県以南の山野に普通に自生しているアカメガシワ【赤芽柏】(トウダイグサ科)の花です。繁殖力が旺盛な落葉高木で、市街地のちょっとした空き地などにもよく生えています。  この木は雌雄異株でトップで紹介したクリーム色の花は雄花です。雄しべが多数ついて球状に開きます。
 円錐形の花序につく雌花はよく見ると柱頭が3つに分かれています。
 なお、和名の「赤芽」は濃い紅色の新葉にちなんでいますが、実はこの紅色は葉の表面に密生している星状毛の色で幼い葉の組織を守る役目があるとされており、葉が成長するにつれて目立たなくなります。
 次に道路脇の草地の中で、大きく広げた枝葉に突き出ている穂状の白っぽい花序が目につきました。
 多年生草本のヨウシュヤマゴボウ【洋種山牛蒡】(ヤマゴボウ科)です。北アメリカ原産ですが明治年間の初めに我が国に渡来して、現在では全国で普通に見られる帰化植物です。  花序をよく見てみると、白っぽい花弁状の萼(がく)が5個ついています。花弁はありません。
 花序には早くも緑色の果実がついていました。
 この果実は、秋に黒紫色に熟して垂れ下がります。
 また樹林地の常緑樹にびっしりと白い小さな花がついています。
 近くに寄って見てみると直径2cmほどの白い花びらが5枚スクリュー状に咲いています。つる性木本のテイカカズラ【定家蔓】(キョウチクトウ科)がびっしりと絡んで花を咲かせているのです。
 花には芳香があるので、植物園内「香りの路」にも棚に仕立てて展示しています。和名は鎌倉時代の歌人藤原定家にちなんだ謡曲の中のエピソードから名づけられたといわれています。  現在植物園は残念ながら休園中ですが、今回取り上げた植物は市街地の道路際や空き地に普通に見られますので、皆様のお宅の周囲でもご覧になってください。                                  (解説員)

2021年6月11日金曜日

ちいさな大発見No.133(2021.6.11)近くて遠い?

 今回取り上げる植物はドクダミとハンゲショウです。この2つの植物は同じドクダミ科なのですが、似ているようであまり似ていません。

 庭や畑の嫌われ者で、地下茎は深く、抜いても抜いても根絶が困難、しかも臭いが強烈なドクダミ。名前からして毒草と思われがちですが、本来の意味はと言うと、毒を抑えるという意味から毒を矯(た)める、毒矯め、毒矯みとなまってドクダミになったと言われています。

 現にドクダミ茶はよく飲まれていますし、薬草として多くの効能があることが知られ、別名を十薬(重薬)と呼ばれています。 

開花と共に中央の花穂が伸びる

 ところで、ドクダミには花弁がありません。4枚の白い花弁のように見えるのは、葉が変化した総苞片です。そして、中心部にある花穂は多くの小花の集合体です。 

3裂している白い雌しべ

 1つの小花には先っぽが3裂した雌しべ1本と3本の雄しべがあります。しかし、雄しべの葯には花粉はなく、受粉せずに種子ができる単為生殖をします。ですから、虫を誘引する必要はまったくありません。

 こちらはヤエドクダミです。一般に八重咲きと言うと、蕊が花弁化することが多いようですが、こちらは花穂の途中から白い苞が伸び、苞と苞の間には蕊が確認できます。 

ヤエドクダミ

 次は同じドクダミ科のハンゲショウ(半夏生、半化粧)です。こちらもドクダミと同じで花弁はなく、1本の花穂に小花がたくさん集まっています。 

開花が進むと、花穂が立ち上がる 

5裂した雌しべと8つの雄しべ

 ハンゲショウの特徴は、花穂のすぐ腋にある葉の一部を白く変化させ、受粉をしてくれる虫たちにアピールすることです。

 葉が白くなるのは花穂の根元にある1枚の葉と決まっているようです。

徐々に白化が進む

 さて、葉を白くすると、その分、植物にとっては光合成ができなくなるというリスクがあります。それでも、白化するのは、目立たない花をアピールし、虫たちに受粉してほしいからです。ちなみに、葉が白くなるのは葉緑素が出ていないことが原因です。

 ところで、白化した葉の裏はどうなっているのでしょう。 

葉裏の様子

 葉裏に変化はなく、緑色のままでした。このことから、カタシロソウ(片白草)と別名があります。

 受粉が終わり、花穂が老いてくると、白化した葉は徐々に緑色に戻っていくのです。

 すごい戦略ですね。

【解説員K】


2021年6月8日火曜日

ちいさな大発見No.132(2021.6.8)もう一つのヒペリカム!

 前号のちいさな大発見No.131号からの続きです。

 こちらも芝生広場に置かれたうさぎのオブジェです。 


 さて、前号ではヒペリカムの代表的な品種を6種類紹介しました。

 今号では、今、ハーブ園で咲いているヒペリカムの仲間を1つ紹介します。花はキンシバイよりもさらに小さく、花径1.5~2cm程で、名前はセントジョーンズワート、学名はヒペリクム・ペルフォラトゥムです。 

和名は「セイヨウオトギリソウ」

 セントジョーンズワートとは何とも植物名らしからぬ名前ですが、聖ヨハネの麦芽汁と訳され、一般的には聖ヨハネの薬草と言われています。聖ヨハネの誕生日とされる6月24日に収穫される風習があったことにより、その名がついたメディカルハーブです。何と、古代ギリシャのヒポテラクスの文献にも掲載されているとのこと。

 そこで、セントジョーンズワートをネットで検索してみると、多くのサプリメントが紹介されており、医学的にも抗うつの治療薬としての研究が進んでいるようです。

 何と、レンガの周りにはこぼれ種で育った苗がすくすくと生長していました。 

実生苗

【解説員K】


2021年6月4日金曜日

上品な和名~ムラサキシキブ(2021.6.4)

 郷土樹木園の中に、葉腋から集散花序を出して淡い紫色の花が咲いています。クマツヅラ科のムラサキシキブ【紫式部】です。花冠の長さ5mmほどの小さい花は、筒状花で先は4裂、黄色い葯(やく)をつけた雄しべが4本と雌しべの花柱が長く突き出ています。
 この上品な和名は、もちろん平安時代に「源氏物語」を著した女流作家「紫式部」にちなんだもので、淡紫色の花もさることながら、光沢があって秋に濃い紫色に熟す球形の実から連想されて名付けられたといわれています。
 
 ちなみに、庭木として広く普及して皆様に親しまれているのは、同科同属でやや小ぶりながら実をびっしりとつけるコムラサキ【小紫】ではないかと思います。

コムラサキの実
 コムラサキとムラサキシキブはよく似ていますが、コムラサキは果実が葉腋からやや離れた場所につくのに対し、ムラサキシキブは葉腋近くにつきます。
ムラサキシキブの実
 実のつく位置の違いとともに、ムラサキシキブのほうがまばらなつき方をしているのがわかりますか?また写真では葉縁がわかりにくいのですが、コムラサキは鋸歯が上半部だけなのに対し、ムラサキシキブの鋸歯はほぼ全周にあることも見分けのポイントです。
 なお秋にはコムラサキの白花種であるシラタマコシキブ【白玉小式部】も園内で見ることもできます。(別名シロミノコムラサキ)

 余談ですが、和名語源を調べていると「紫敷実(むらさきしきみ)の転とか。」と記された資料がありました。(図説草木名彙辞典 1991 柏書房)この元々の和名であるムラサキシキミを、江戸時代の植木屋さんが洒落たのか、あるいはイメージアップして販売促進を企んだのか、ムラサキシキブと改名して売り出したというおもしろい説があります。

 秋に熟す紫色の実を楽しみにしてください。             (解説員)


2021年6月1日火曜日

ちいさな大発見No.131(2021.6.1)ヒペリカムの仲間たち

 緊急事態宣言が20日まで延長され、芝生広場に置かれたウサギのオブジェも寂し気です。 


 今の時季、オトギリソウ科オトギリソウ属の黄色い花たちが風に揺れて元気に咲いていますので紹介します。

 

 1つめはキンシバイ(ヒペリカム・パツラム)です。中国原産で葉は対生、やや枝垂れます。花径は3~4cmで、やや小ぶりで雄しべも短めです。 


 2つめはキンシバイの園芸品種で地中海原産のヒペリカム・ヒドコートです。大輪キンシバイと言われているように、花径は5~6cmあります。本種は葉がほぼ十字対生になっています。 


 3つ目は雄しべが長い中国原産のビヨウヤナギ(ヒペリカム・モノギナム)です。葉は十字対生で花柱が突き出ています。雄しべが少しカールしています。 


 このビヨウヤナギにそっくりなのが西洋キンシバイの別名があるヒペリカム・カルキナムです。雄しべはまっすぐで先っぽの葯がやや赤みを帯びます。 


 次は花よりも葉を楽しむヒペリカム・ゴールドフォームです。ヒペリカム・カリキナムの枝替わりから作出されたそうです。秋には紅葉します。花数は少ないのですが、花は葯の色までカリキナムにそっくりです。 


 最後はコボウズオトギリの別名があるヒペリカム:アンドロサエマムです。花後に赤やピンク、白などに色づいた果実が切り花として売られています。


 蕾と果実の区別がつきにくいのですが、次の写真で分かるかと思いますが、3つに分かれた雌しべの先っぽが飛び出ているのが果実です。 

中央が果実、他は蕾

【解説員K】


2021年5月28日金曜日

幹に果実がつく不思議植物(2021.5.28)

 

 大温室に、幹に直接果実がつく不思議植物が生長しています。南アメリカ原産で常緑性高木のジャボチカバ(フトモモ科)です。

 白い花が幹から直接咲き、果実がつくという不思議な形態をしており幹生果(かんせいか)と呼ばれます。(花は幹生花とも呼ばれる)

 直径2~3cmほどの大きさの濃紫色の実はブドウの実に似ていますが、乳白色の果肉の味も似ており、ブラジルなどでは好んで生食されているそうです。
 ところでジャボチカバは、なぜ幹生果という独特な形態の果実をつけるのでしょうか?
 自分で動くことができない植物は、子孫を増やすための種子を広げる方法の一つとして、動物に果実(種子)を食べられることにより分布を広げます。(被食散布といいます。)
 この方法を多く担っているのは鳥類ですが、木々が繁茂して枝葉が密生する熱帯雨林では鳥類が自由に飛び回ることができないので、種子運搬(=被食)を地上で行動する哺乳類に依存するようになりました。そのため、枝先ではなく哺乳類が食べやすい幹に直接果実をつけるようになったということです。

 ちなみに世界最大の果物といわれるパラミツ(ジャックフルーツ)も幹生果です。
 この写真は平成27(2015)年に大温室で結実したものですが、これだけの大きさは丈夫な幹でないと支えられないことがよくわかります。
 さらに園内には、屋外でびっしりと鈴なりになっている幹生果もあります。展望台の階段脇のアコウ(クワ科)です。この時期、まだ若い淡緑色の果実が幹や枝にびっしりついています。
 アコウはもっぱら鳥類に食べられて種子が散布されるので、鳥類が飛び回る木の上部までびっしりです。イチジクと同属で大きさ的には鳥類が食べるのに適しているようで、園内のあちこちに種子が広がり、中にはこんな場所で生長しているものもあります。
 ところで現在大温室で実をつけているジャボチカバは、大きく生長して果実を多くつけていた先代が数年前に枯損したために植え替えた後継樹で、やっと昨年ぐらいから結実するようになってきたところです。
枯損前の着果状況
 現在の幼木が、あと数年もしたら先代のように生長して、再びびっしりと鈴なりの果実をつける姿を見せてくれるのではないかと期待しています。                                 
                                    (解説員)









2021年5月27日木曜日

ちいさな大発見No.130(2021.5.27)名前知っていますか?Part.3

  前号(NO.129)からの続きです。名前はわかりますか?

NO.1 ピンクダブルデライト

 
NO.1-1 ココナッツライム

 キク科の植物で花の中央に見える頭状花は盛り上がり、花弁に見える舌状花はやや下向きに咲く傾向があります。北米原産のハーブとして、古くから北米の先住民族に用いられていたことから「インディアンのハーブ」と呼ばれています。


NO.2

 ヨーロッパ原産のシナノキ科の落葉高木で、花は蜂蜜の蜜源として重宝されています。シューベルトの歌曲集「冬の旅」の5曲目におさめられている「菩提樹」は、本種のことです。ちなみに、お釈迦様ゆかりのインドボダイジュはクワ科で本種とは異なります。


NO.3
NO.3-1(5月27日撮影)

 アヤメ科の植物でブラジル原産です。朝咲いて夕方萎む一日花ですが、開花日数は、年間で数日しか咲きません。と言うのも、他の植物のようにポツポツとリレー的な開花の仕方をしません。1回目は5月25日に一斉に開花しましたが、翌日は花は皆無でした。NO.3-1は2番花として咲く蕾です。あと1~2回、月末頃に咲くと思います。


NO.4

 フトモモ科の常緑低木で、パラグアイやブラジルなどの中南米が原産です。花はフトモモ科らしく、たくさんの雄蕊に象徴されるように南国特有のエキゾチックな姿をしています。果物として食用に栽培される他、剪定にも強いため庭木や生垣用としてもつかわれています。


NO.5 木全体が白い

 スイカズラ科ガマズミ属の常緑広葉樹です。夏の終わり頃、実が赤く熟した様子から名前がついています。葉や枝に水分が多く油分が少ないことから防火樹として使われたそうです。

 

NO.6

 シソ科の多年草でイランやトルコなどの西アジア原産です。白い毛に覆われた肉厚の葉は香りもよく、シルバーリーフとしても人気があります。何より名前の由来となった‘子羊の耳’のようにやさしい肌触りです。花は唇形花でピンク色をしています。

 

NO.7

 ナデシコ科の植物ですが、原産地がはっきりしていません。長野県の松本地方説、阿蘇説、中国説と諸説あるようです。花は5弁ですが、花弁の先が割れているので、10弁のように見えます。


―回答―

1 エキナセア  2 セイヨウシナノキ(西洋菩提樹)  3 アメリカシャガ  4 フェイジョア  5 サンゴジュ  6 ラムズイヤー  7 マツモトセンノウ

【解説員K】