ちいさな大発見!? No.150(2021.12.25)南アフリカ原産?その1

 バラ園花壇でスタッフと話している際、たまたま球根植物の話から・・・

 ・解説員K:「南アフリカ原産の植物が数多く日本に入ってきているんですよ。」

 ・スタッフ:「本当ですか、熱帯の植物が日本の冬を越せるんですか。」

 実は南アフリカは、暑くて砂漠が多いと思われがちですが、世界有数の植物の宝庫と言われています。例えば、最南端の喜望峰があるケープタウンは、最も寒い7月の最低気温が9度で、最も暑い1月の最高気温が25度程です。夏は雨が少なく乾燥し、冬は比較的温暖で雨が多い地中海性気候なのです。うらやましい!

 そこで、今回は2度にわたり、南アフリカ原産で日本に定着している植物を紹介します。

 先ず、南アフリカの国花であるヤマモガシ科のキングプロテアです。花径が最大で30cmにもなる常緑低木です。主に切り花で見かけます。

花の王様と称される!

 次はブルニア科のバーゼリアです。ドライフラワーにしてリースなどにも使われます。

晩秋になると、緑色の蕾が・・・

 そして、ツツジ科のエリカです。エリカは世界中で700種類以上存在し、一部、ヨーロッパ原産種を除くと、そのほとんどが南アフリカ原産です。 

エリカ・カナリクラータ(和名:ジャノメエリカ) 

エリカ・セシリフローラ

エリカ・ケリントイデス

 次は今、園内で咲いている南アフリカ原産の植物を紹介します。

 まず、ゴマノハグサ科のネメシアです。1年草と多年草があり、花色も含め、多くの園芸品種が作られています。 

四季咲き性の強い品種も!

 そして、キク科のユリオプスデージーです。開花期間が長く、8月末から咲き始め、翌年の5月くらいまで咲いています。

乾燥気味に育てるのがポイント!

 次はちょっとやっかいな野草です。カタバミ科のオオキバナカタバミです。すでに紅葉樹園の北斜面で開花が始まっています。 

オキザリスの仲間です!

 ついでに温室で咲いている食虫植物も1つ紹介します。タヌキモ科のウサギゴケです。高山地帯の湿地の岩壁に根を張り付かせて自生しています。 

コケの仲間ではありません

 No.151に続きます!

【解説員K】

コメント

このブログの人気の投稿

「卯の花」ってどんな花?(2017.5.31)

秋でもないのに・・春の紅葉(2020.4.4)

独特な形の雄花と雌花~ソテツ(2020.8.8)