2016年9月30日金曜日

バクチノキの花 えっ!サクラの仲間?!(2016.09.30)

バクチノキの花が咲いています。

バクチノキ【博打の木】 バクチとは? そう、賭け事、ギャンブルのこと。
この木は、古い樹皮が次々にはがれ落ちることから、和名はその様子を博打に負けて着物を身ぐるみはがれることに例えたものです。木の名前にはさまざまなものがありますが、その中でもおもしろい名前の代表格のひとつでしょう。

ところで、この木はバラ科サクラ属に分類されています。しかし、秋のこの時期に多数の白色の花を穂状に咲かせ、冬になっても葉を落とさない常緑樹であるため、春に開花し秋に落葉するソメイヨシノなどのサクラ類と近縁とは考えにくいですね。それでも、葉の基部のところには、蜜腺(アリなどの昆虫をおびき寄せるために蜜を分泌する器官)がついており、ちゃんとサクラ属の特徴が確認できます。

日本産の常緑性のサクラには、このバクチノキのほかリンボク【橉木】があります。開花時期も同じく秋の9月頃です。(今年は残念ながら花は終わっています。)

キク科のコスモスが別名秋桜と呼ばれますが、サクラ属でありながら秋に花をつけるバクチノキやリンボクこそが「秋桜」にふさわしいという方もいます。先日の新着情報(2016.09.23)でお知らせしたように、現在園内ではジュウガツザクラやコブクザクラなど春秋二季咲きのサクラも咲いています。当園でいろいろな秋のサクラ属をご覧ください。                    (解説員)

0 件のコメント:

コメントを投稿