2019年2月15日金曜日

ちいさな大発見!? No.23(2019.2.15)「思いのまま?」

 ゲートから右手の情報館を過ぎトイレ前より階段を下りていくと,庭木園Bの梅ゾーンに着きます。そこに、ウメ「思いのまま」があります。今,ちょうど2分咲きといったところでしょうか。
 「思いのまま」は「輪違い」という別名があるようにピンクや白,絞りの入った異なる色の花を,同じ1本の木の中で咲かせます。写真①~③
 
写真① 紅白に咲き分け
写真② 拡大したところ

写真③ 絞り入り

 この「思いのまま」の名前の由来は、同じ1本の木に赤い花と白い花を一緒に咲かせますが,とても気紛れで、年によってはピンクばっかりだったり白ばっかりだったりもするそうです。その気紛れさが名前の由来とのこと。香りも強く,人気の品種だそうです。

 実は①~③の写真は,花木園Bにある「思いのまま」ではありません。本来なら,①の写真のように半々に咲き分けてくれると嬉しいのですが,今年はどうしたことか,全身ピンク(写真④)なのです。もちろん,もう少し開花が進めば,白い花も咲かせてくれるかもしれません。
 このように,年によりその咲き方はまちまちです。さすがは「思いのまま」ですね。
全身ピンクの「思いのまま」

 では,「①~③の写真の梅はなに?」と言うことになります。
 こちらはモデル庭園のトイレ裏に通路を覆うように咲いています。たよりの銘板には「梅」としか表記がなく,こちらこそ正真正銘の「思いのまま」なのかもしれません。

 もう一つ考えられるのが,接ぎ木による源平咲きの可能性です。源平咲きは白梅に紅梅を接ぎ木することで,枝ごとに異なる色の花が咲きます。ですから次年度の開花状況を見て,今年と同じ枝に同じ色の花が咲けば,接ぎ木による源平咲きと言うことになろうかと思います。逆に今年と異なる咲き方をすれば,「思いのまま」の可能性が高いということです。
 草木の特徴や性質を知ると,植物の見方が多少変わりますね。是非,植物園においで下さい。
【解説員K】

2019年2月11日月曜日

チョット気になります,路傍の花たち No.20(2019.2.11)ツクシ

 路傍の花No.19が昨年の10月28日でしたから本当に久しぶりです。その間、小さな大発見シリーズが主流になっていましたよ。

 さて、早春を告げる使者(?)と言えば,園内ではやっぱり「フクジュソウ」を挙げたいと思います。しかし,私たちの身近な空き地や原っぱなどの生活圏で「フクジュソウ」を見ることは,まずありません。
 先日(2月6日),愛犬と散歩をしていたとき,ふと足元に目をやると,見覚えのある植物が顔を出していました。そうです,「ツクシ」です。
 やっぱり,私的には春の到来を告げる使者は「ツクシ」(写真①)です。
  
写真①「ツクシ」トクサ科
 子どもの頃,ツクシを摘んで家に持ち帰ると,袴をとった後に母が煮物を作っていました。特に頭の部分は苦みがあり,あまり好んで食べてはいなかった記憶があります。

 ツクシはスギナの胞子茎と言われています。ツクシを漢字で書くと,「土筆」。先っぽの筆の部分をよく見ると,1つ1つが6角形をしています。その部分がだんだんと熟して開いてくると,中の袋から胞子(粉状のもの)が飛び出します。この小さな胞子がやがてスギナになっていくのです。
 つまり,ツクシは花にあたる部分であり,スギナは根や葉にあたります。ツクシとスギナは地下茎で繋がっています。
 試しにちょっと掘ってみると,確かに繋がっていましたよ。(写真②)
写真②「地下茎でつながるツクシとスギナ」
 そして,地下茎の太いことと言ったらビックリです。(写真③)途中で切れてしまったのですが,別名を「地獄草」と言い,宅地や農地に生えると大変なのもよくわかりますね。
写真③「とっても太い地下茎」
 ツクシは繁殖のために緑色の胞子を散らすと,その役目を終え,やがて枯れてしまいます。そして,スギナが大きく生長してきます。

 この関係は,例えば,ヒガンバナ(写真④)の生長とよく似ています。
 写真④「ヒガンバナ」
 ヒガンバナは初秋の頃、地面から花茎を伸ばし,花を咲かせます。そして,花が枯れてしまうと,葉が伸びてきますよね。
 みなさんも,近所の空き地や野原でツクシを探してみませんか。
 【解説員K】

2019年2月5日火曜日

“日が落ちるニシオジロビタキ声かする” 俳句の展示入れ替えました。(2019.2.5)

 今年は暖冬傾向のようですが、1月25日(土)は福岡市内でも雪が降りましたね。
 もちろん植物園でも降りました。
 環境教育講座を受講していた子どもたちが室内を飛び出しておおはしゃぎでした。




    “初雪で遊ぶ子供は世界一” 久保賀亮
    (はつゆきであそぶこどもはせかいいち)


 2月9日(土)から11日(月祝)までの3日間も,植物園芝生広場に雪が降ります!積もります!
 今年も『動植物園の雪まつり』では,「降雪ショー」や「氷のすべり台」,「雪だるまづくり用の雪のプレゼント」,「ふれあい動物園」など楽しいイベントが盛りだくさん。
昨年の「動植物園雪まつり」の様子
 雪で遊んだあとは,展望台カフェ特製「あったかビーフシチュー」はいかが?
 毎週日曜日恒例の「焚火の時間」も3日間やりますよ。

 ぜひ遊びに来てください!








 野草園の休憩所内に展示している俳句の作品を入れ替えました。
 その中からいくつかの作品をご紹介します。





   “日が落ちるニシオジロビタキ声かする” 菖一朗
   (ひがおちるにしおじろびたきこえかする)
福岡市植物園で撮影されたニシオジロビタキ♂

 植物園は野鳥の宝庫で,野鳥の写真を撮影されるお客様がたくさん来園されています。
 春と冬の年2回,日本野鳥の会福岡支部様のご協力により,野鳥観察会も行っています。


 そんな中,「日本ではなかなか見ることができない『ニシオジロビタキ』が,12月頃から福岡市植物園に飛来している」と野鳥ファンの間で話題になり,連日,カメラと三脚を持ったお客様がたくさん来園されていました。


 植物園にある図鑑「日本の野鳥(山と渓谷社)」には「オジロビタキ」しか掲載されていませんが,オジロビタキは「ユーラシア大陸の主に亜寒帯で広く繁殖し,日本へは稀な旅鳥または冬鳥として渡来する」そうです。
福岡市植物園で撮影されたニシオジロビタキ♀
 常連のお客様のお話では,『ニシオジロビタキ』は特に珍しいそうです。


 野鳥観察も植物園の楽しみ方の一つです。
 これまで野鳥に興味のなかった方も,ぜひ野鳥観察会に参加してみてはいかがですか?


   “訪れて素知らぬ顔のじようびたき” 貞昭
   (おとずれてそしらぬかおのじょうびたき)





 毎年恒例で今年で29回目となった「春の七草粥会」を1月6日(日)に催しました。








   “七種を寿ぐ粥に焦げのあり” 竹下美代子
   (ななくさをことほぐかゆにこげのあり)

   “七種は全て元気な色ばかり” 武藤典子
   (ななくさはすべてげんきないろばかり)

   “はからずも七種粥の列につく” 西崎邦子
   (はからずもななくさかゆのれつにつく)

   “行列の先に七種粥の待つ” 大長清子
   (ぎょうれつのさきにななくさかゆのまつ)






 「七草粥」は1年の無病息災を願う行事で,中国では陰暦1月7日を人日(じんじつ/五節句のひとつ)とし,七草を食べて健康に備える習慣があり,それが日本に伝わり七草粥の起源となりました。
 万葉の時代行われていた若菜摘みに春の野遊びの要素を取り入れ,宇多天皇(867~931)の時代から,若菜七草を朝廷に献じるようになり,重要な宮中行事の一つとなりました。
 江戸時代には庶民の習慣となり,今日に至ります。

 「春の七草」とは,セリ,ナズナ,ゴギョウ,ハコベラ,ホトケノザ,スズナ(カブ),スズシロ(ダイコン)ですね。
セリ
ナズナ
ゴギョウ
ハコベラ
ホトケノザ



スズナ(カブ)
スズシロ(ダイコン)








 「春の七草」は聞いたことがあるけど,実物を見たことが無いという方も多いのではないでしょうか。
 例年「春の七草粥会」から1週間程度展示していますので,来年はぜひ見に来て,そして食べてみてくださいね。







 
*今回展示している俳句の一覧です。


















(園長 井上)

2019年1月31日木曜日

ちいさな大発見!? No.22(2019.1.31)ツバキの蕊の弁化?

 明日からイヨイヨ2月に入ります。
 本園では花木園Bを中心にいろいろな種類のツバキが咲き始めています。
 そこで,いくつかのツバキには本来あるべきものが少ない,または全くない種類があることに気が付きました。一般にツバキの花はめしべ1本,おしべ多数というのが普通ではないでしょうか。写真①
写真①「ツバキ曙(一重・椀咲き)」

 ところが,写真②「ツバキ熊谷」を見てください。こちらは一重の平開咲きです。多くの雄しべに混ざって,数本の雄しべが花弁化しています。写真で白く見えているものがそうです。これを旗弁(きべん)と言います。
 写真②「ツバキ熊谷」

 写真③は正常な雄しべと旗弁を拡大したものです。ちなみに,同じ木の中でも旗弁がまったく見られない花もありました。
写真③「ツバキ熊谷」の正常な雄しべと,旗弁

 それでは,次の写真④「ツバキ紅唐子(べにからこ)」を見てください。
写真④「ツバキ紅唐子(唐子咲き)」
 こちらは,中央に1本の雌しべが見えていますが,雄しべは完全に旗弁化しています。別名を卜伴(ぼくはん)とか,日光(じっこう)と言います。また,雄しべが白弁状になるのが,「日光」に対し「月光」と言います。

 最後に写真⑤「乙女椿」を見てください。
写真④「乙女椿」
 「乙女椿」は,八重咲きどころか,千重(せんえ)咲きという咲き方です。1枚づつ花弁を剥がしてみましたが,雄しべや雌しべは全く見られませんでした。

 一般にツバキは八重化しやすく、雄しべも花弁に変化しやすい形質があるそうです。ですから,これのようなツバキの種類では,雄しべや雌しべが正常に作られないので、結実することは難しく,種子はほとんどできません。
 
 今、植物園ではカンザキハナナや園芸種のウメ、大輪から極小輪までの多くのツバキ、そして、開花したばかりのカワズザクラやフクジュソウなど、見ごろの植物がみなさまのご来場をお待ちしています。
【解説員K】

2019年1月24日木曜日

ちいさな大発見!? No.21(2019.1.24)カワヅザクラ

 秋咲きのジュウガツザクラとコブクザクラがポツポツと咲き続けている中、春を告げる桜として1月23日、ついに「カワヅザクラ」が開花しました。昨年よりは1ヶ月ほど早いようです。
開花第1号の「カワヅザクラ」

 本園には3本のカワヅザクラがありますが、そのうちの1本です。他の2本はまだ蕾があおく、開花にはもうしばらくかかりそうでです。
 カワヅザクラは、「オオシマザクラ」写真②と「カンヒザクラ」写真③が自然交配してできた桜だと言われています。
写真②「オオシマザクラ」
 写真③「カンヒザクラ」

 今から60年以上前に、静岡県の河津町に住む飯田氏が河津川沿いの雑草の中で偶然、1mほどの原木を発見し、自宅に持ち帰ったことが由来です。その後、新しい園芸品種であることがわかり、昭和43年に河津桜と命名されました。
 特徴としては、1月下旬から咲き始める早咲きであること、花の色がソメイヨシノなどより濃いこと、花期が1ヶ月程と比較的長いことなどが挙げられます。
 是非、植物園においでください。
【解説員K】

ちいさな大発見!? No.20(2019.1.24)

 問題です。下の写真①は何という花か,わかりますか?
写真①
 実際の花の大きさは直径7~8mm程度、基本5弁花です。密集(写真②)して咲いています。
写真②

 そうです。「ワスレナグサ」ですね。針葉樹園花壇に1株だけ咲いているのを見つけました。写真③
写真③「針葉樹園花壇のワスレナグサ」

 ムラサキ科ワスレナグサ属でヨーロッパが原産です。向こうでは常緑多年草ですが,高温多湿な夏が苦手なため日本では一年草扱いにされています。
ちなみに,「ワスレナグサ」は和名であり,一般には,「シンワスレナグサ」を指すことが多く,他にも「ノハラワスレナグサ」や「ノハラムラサキ」,日本に自生する「エゾムラサキ」,その種間雑種も多いそうです。
 英名ではフォーゲット・ミー・ノット(forget me not)と呼ばれ、ある悲しい伝説があるそうです。
 それは,中世ドイツの話です。騎士ルドルフとベルタがドナウ川のほとりを歩いていると,川岸にかわいい花を見つけました。それに気づいたルドルフは,その花を採ろうとして足を滑らせ川に落ちてしまいました。急流に流されるルドルフは花をベルタに投げ、彼女に「僕を忘れないで」と叫んで水中に沈んでいったそうです。
 その花がワスレナグサだったのです。可憐なワスレナグサですが,こんな悲しい秘話があったのですね。
【解説員K】

2019年1月17日木曜日

ちいさな大発見!? No.19(2019.1.17)「サザンカ笑顔」

 郷土樹木園では,すでに満開の時期は過ぎましたが,「サザンカ笑顔」が可憐なピンクの花をたくさん咲かせています。写真①
写真①「まだまだ見頃のサザンカ笑顔」

 ところが,足元を見ると,多くの散った花弁に混じって,花弁とおしべをつけたまま,まるでツバキの花の特徴そのままに花ごとすっぽりと落ちているのを見つけました。それもいくつもです。写真②
 写真②

「サザンカは花弁が1まいずつ散るはずなのに,なぜだろう。もしかしたら,カラスのいたずらかな?」と, ふと思いました。

 みなさんご存知のように,サザンカは300種類程の園芸品種があり,開花時期や花の形から大きく3つのグループに分けられます。
 1つは,サザンカの自生種がベースになっているサザンカ群,もう1つは獅子頭(寒椿)がベースになっているカンツバキ群,そしてサザンカと主にヤブツバキとの交雑によって生まれたハルサザンカ群です。
 サザンカ笑顔はハルサザンカ群に属し,ヤブツバキに近い性質をもっているようです。ですから,本種も花弁とおしべが基部でかるくつながっており,写真②のような散り方をしていたのです。
 そして,花弁とおしべが散った跡には,複数枚のガクと子房から伸びた1本のめしべだけが残り,その先っぽは写真③のように3つに分かれていました。
(写真③)

 ちなみに,同じ仲間で「サザンカ梅ケ香」が野草園西で咲いていますが,同じハルサザンカであるにも関わらず,そちらは他のサザンカ同様,1枚ずつ花弁を散らしていました。(写真④)
(写真④)
 ハルサザンカ群の園芸種の中でも,交雑を繰り返してきている長い歴史があるので,よりサザンカに近い種とツバキに近い種があり,同じ仲間とは言え,かなり幅が広そうです。

【解説員K】