2018年10月11日木曜日

チョット気になります,路傍の花たち No.16(2018.10.11)

 今回は「ツユクサ」の仲間を紹介します。当植物園でもあちらこちらで顔を出し,小学生でも知っている野草です。ほぼ群生して咲いていることが多いようです。
写真①
 実はツユクサをじっくりと見ると,とても不思議な花のつくりになっています。
 花弁は2枚と思いがちですが,実は3枚あります。2枚の大きな青い花弁の他に,下向きについた白い花弁があります。
 そして,何より不思議なのは3種類の異なった役割を持つ6本のおしべです。最も長いおしべは2本,次に長いおしべが1本,先っぽが黄色くなったいちばん短いおしべが3本あります。この先っぽが黄色くなった3本のおしべは実は花粉を持たず,昆虫を引き付ける役目があると言われています。
 機会があれば監察会で,もう少し詳しくお話できると思います。
 ところで,ツユクサと言えば写真①が一般的ですが,実は白花もあるのです。今回,見つけましたよ。写真②です。
写真②

 さて,当園モデル庭園脇の斜面では,エリアを分け合うようにツユクサの隣に群生している「マルバツユクサ」を見付けました。名前の通り,葉が丸いのが特徴で,花はツユクサよりも一回り小さく,色もうす紫です。
マルバツユクサ(ツユクサ属)
 この野草の特徴は秋になると地下にできる閉鎖花でも種を作るという,すごいパワーの持ち主です。その分,繁殖力が強く,農家さんには大変厄介な草花です。

 次は水生植物園で8月上旬まで見ることができたオオボウシバナを紹介します。
オオボウシバナ(ツユクサ属)
 ツユクサよりもはるかに大きく,その特性を利用し,花の色素から青花紙を作り、友禅染の下絵の絵の具として利用されたのが「オオボウシバナ」です。滋賀県草津では古くから栽培され,近江の特産品として記載された江戸期の文献もあり,現在も栽培されているそうです。
 
ムラサキツユクサ(ムラサキツユクサ属)
 次は立ち姿が美しい「ムラサキツユクサ」です。北米原産の園芸種で野生化しています。以前は小学校の理科の学習で気孔の観察によく使われていました。

ノハカタカラクサ(ムラサキツユクサ属)
 南アメリカ原産の多年草で、昭和初期に観葉植物として導入されたシロフハカタカラクサが野生化し斑がぬけたものです。別名を「トキワツユクサ」と言います。可憐な白花ですが,繁殖力が旺盛で要注意外来生物に指定されています。
 郷土樹木園で4月中旬から7月中旬まで3カ月も咲いていました。

ムラサキゴテン(ムラサキツユクサ属)
 別命を「パープルハート」と言い,メキシコ原産で茎も葉も全身,紫色をしています。カラーリーフとして人気があります。
ヤブミョウガ(ヤブミョウガ属)
 おまけです。
 6月上旬から8月末まで郷土樹木園で見られたヤブミョウガもツユクサ科でしたよ。
 【解説員K】

2018年10月6日土曜日

チョット気になります,路傍の花たち No.15(2018.10.6)

 今日は台風25号による臨時休園日です。
 そこで予定を繰り上げ、NO.15をアップします。


 先日、小学校の近くを散歩していると,西側の丘陵地にピンクがかった白い花が咲いている花木を見つけました。高さは2~3mほどあり,こんもりとした立ち姿です。
 近づいてみると,大文字形の白い花弁と3~4cmはありそうな4本のおしべ,その中心には1本のめしべが存在感を示し,ピンクに見えたのは萼のようでした。ククマツヅラ科の「クサギ」です。
クサギ
 漢字では「臭木」と書きます。文字通り,葉をもむと独特な臭気を発します。
 実は、この木は2度楽しめます。もう少しすると,萼の色が濃紅になり星形に変化します。そして,紺色の実をつけます。その姿が別の花のように見えるのです。
クサギ(実)
 そして,クサギ関連で登場するのが,同じくククマツヅラ科の「ボタンクサギ」です。遠目で見ると,ボタンのようにもアジサイのようにも見えます。ボタンクサギがどこかに咲いていないかなぁと思って探していると,何と2カ所で見付けることができました。
ボタンクサギ
 大文字形の薄いピンクの花と,それよりも濃いピンクの蕾がマッチングしてとても豪華です。葉や茎にはわずかに臭気がありますが,花は意外や意外,よい匂いがしましたよ。

 さて,足元に視線を向けると,秋を代表する野草を見つけました。「ヨメナ」です。キク科シオン属の多年草ですが,いわゆる野菊です。実は同じ仲間に「ノコンギク」などがあります。これらは大変よく似ています。
ヨメナ
 
 この近縁種で,今,植物園で見られる花を紹介します。
 1つは野草園東で見られる「コンギク」です。ノコンギクの栽培品種ですが一見するとまったく同じように見えます。
コンギク
 そのすぐ近くでは1.5mくらいに育った大株の「シオン」がたくさん咲いています。漢字で「紫苑」と書くように紫が多いようですが,白花もあります。本種はやや紫がかった白花です。
シオン
 最後は温室周辺花壇にある「クジャクソウ」です。別名を「クジャクアスター」と言います。北アメリカ原産の多年草です。枝分かれを繰り返し,多くの花を孔雀の羽のように広げて咲いています。花色は白,ピンク,青,紫など豊富です。本種は白花です。
クジャクソウ

 秋風が舞うさわやかな時期を迎えました。是非,植物園に遊びに来ませんか。
 
【解説員K】

2018年10月5日金曜日

チョット気になります,路傍の花たち No.14(2018.10.5)

 今朝,散歩をしていると,どこからともなく秋の到来を感じさせてくれるキンモクセイの香りが漂ってきました。辺りを見回すと,すぐ近くの民家にキンモクセイの大木を見つけました。蕾がびっしりとついていました。開花直前なのでしょうか。本当にいい香りです。
 さて,あれだけ多くの「アレチヌスビトハギ」が川面を占拠していた場所には,いつのまにかピンクのかわいいミゾソバが群生していました。タデ科の1年草で茎にはトゲが見られますが,花はまるでガラス細工のようにきれいです。
ミゾソバ

 実はNo.13で紹介したオオイヌタデも近縁種になります。他にも今,野草園やモデル庭園などで見ることができる「ママコノシリヌグイ」や「オオケタデ」,「ミズヒキ」,「イヌタデ」,「ヒメツルソバ」なども同じ仲間ですよ。
ママコノシリヌグイ
オオケタデ
ミズヒキ

 次は,空き地のフェンスにからまる小さなアサガオ(?)を見つけました。花びらの形が星型そのままの「ホシアサガオ」です。
ホシアサガオ 
 熱帯アメリカ原産でヒルガオ科1年草の帰化植物です。花の中心部が濃い紫になっています。花径は2cmもありません。よくよく見ると結構びっしりと咲いています。花柄がずいぶん長いのでびっくりしました。戦後,穀物に交じってタネが入ってきたそうです。
 へぇ,あんな小さなアサガオがあったんだと驚いていると,すぐ近くで同じくらいの大きさで5角形の白いアサガオ(?)を見つけました。これはホシアサガオと少し違うぞと思い調べてみると,こちらは北アメリカ原産で同じくヒルガオ科の「マメアサガオ」でした。
マメアサガオ
 
 意外と見えているようで見えていないことに気づかされました。また,外来種がいかに多いかも痛感しているところです。
 【解説員K】

2018年10月4日木曜日

“かみなり様おこらないでねデート中” 俳句の展示入れ替えました。(2018.10.4)

 野草園の休憩所内に展示している俳句の作品を入れ替えました。


 植物園では,10月に入ったというのに,まだツクツクボウシが鳴いています。
 ようやく涼しさを感じるようになり,季節感のない私の半袖シャツも,
そろそろ長袖に衣替えしなきゃいけないなあ,と思ってる今日この頃ですが,
まだ蝉が鳴いているならいいかな…(笑)


 まだまだ暑かった9月に,植物園に来て投稿いただいた俳句をいくつかご紹介しますね。

































  “涼風につくつくぼうしの命声” ひさこ
  (りょうふうにつくつくぼうしのいのちごえ)






  “夏深し法師ばかりの声しきり” 勝行
  (なつふかしほうしばかりのこえしきり)

  “セミの音の聴ゆる内は夏感じ” あさ
  (せみのねのきこゆるうちはなつかんじ)

 ツクツクボウシは秋の季語なんですね! 恥ずかしながら,知りませんでした…
 少し調べてみると,ツクツクボウシは「秋を告げる蝉」とも言われているそうで,
ほかの蝉が少なくなる8月下旬ごろから9月上旬ごろ鳴き声が際立つようになるとのこと。
 10月上旬まで鳴き声が聞かれることもあるそうで,
私がこれまで気づかなかっただけなのかもしれませんね。

























 “かみなり様おこらないでねデート中” ますみ
  (かみなりさまおこらないでねでーとちゅう)


















 “夏休みあなたに会えてよかったわ” 桂太郎&美夏
 (なつやすみあなたにあえてよかったわ)











 園内で若い男女のカップルの方をお見かけします。
 春と秋の気候のよい時期ももちろんなんですが,
この時期は遠足などの子どもたちや親子連れのお客様でとても賑わっているので,
人の少ない夏場や夕方などは,静かにゆっくり二人の時間を過ごせるんだと思います。
 私が4月に植物園に着任したことを知り合いに話したら,
「初デートが植物園だったんよ! お弁当を作って植物園で一緒に食べたなあ,懐かしい。」
 夜間開園「夜の動植物園」の植物園内のライトアップでも,
ロマンチックなひとときを過ごせますよ。
 穴場のデートスポットです。









 “スコールに樹々の喜ぶ声を聴く” 越智政弘
 (すこーるにきぎのよろこぶこえをきく)

























 “スコールのきてジャングルの獣めく” 小山さち子
 (すこーるのきてじゃんぐるのけものめく)
 








“スコールや我は小さき地球人” 柳井扶美代
   (すこーるやわれはちいさきちきゅうじん)































 植物園温室内の大温室では,8月から9月上旬までの土日にスコール体験会を実施しています。





  

























 温室内の散水用のスプリンクラーを回しているだけなんですが,
暑い夏にとっても涼しい気分になれる「クールスポット」です。
 傘も貸し出しているので,手ぶらで来て楽しめますよ。






































































 まるで熱帯雨林の中にいるような美しい光景を楽しめます。


  


























 晴れた日には虹も出ます。
 来年の夏にもやりますので,まだ体験されたことのない方,来年はぜひ夏の植物園に遊びに来てください。


*今回展示している俳句の一覧です。




























(園長 井上)

2018年10月2日火曜日

園内のチョット気になる木の実たち(2018.10.2)


 暑かった夏が終わり、やっと秋らしくなってきた今日この頃ですが、本格的な「実りの秋」を前にして園内でチョット気になる木の実たちを紹介します。
 温室入口前でびっしりと実を付けているのは、オガタマノキ【招霊木・小賀玉木】(モクレン科)です。果実は袋果で、成熟してくると殻の表面に白い斑点模様が現れるとともに、裂開して赤い種子が顔を出します。

 オガタマノキは神社の境内によく植えられている木で、3月初め頃に基部が紅色を帯びた白色のかわいい花を咲かせます。



 芝生広場の南側で、かなり熟して茶褐色になった実をつけているのは、ハンカチノキ(ダヴィディア科)です。当園のこの木は、若木なのでこれまで開花が少なく実も付かなかったのですが、今年は成長して花が多くなったので実も10個ほどを付けるようになりました。果実は石果で、中には「梅干しのタネ」にような核があって、その中に3~6個の種子が入っているそうです。




 今年は4月の中旬頃からハンカチが垂れ下がったような花を咲かせましたが、この乳白色の「ひらひら」は花弁ではなく苞(ほう)です。




 温室の中庭に入っていく通路の壁を覆っているつる植物はオオイタビ【大木蓮子】(クワ科)です。常緑性で壁面緑化植物としてよく使われています。




 イチジク属なので、この実は花嚢(かのう)と呼ばれ花床がくぼんで壺状になった内側に小さな花を多数つけます。 実を半分にしてみると雄花嚢でした。切り口からはべとべとした白い液が出ます。


 これから秋が深まっていろいろな果実が熟していくのが楽しみです。         (解説員)

2018年9月28日金曜日

チョット気になります,路傍の花たち No.13(2018.9.28)

 愛犬と散歩しながら,いつもより少し上流へと足を運んでみました。
 すると,水の流れが見えないくらい多くの水生植物や蔓性植物が茂っている中に,可憐な黄色の花がたくさん咲いているのを見つけました。
【ヒレタゴボウ】
「ヒレタゴボウ」です。水辺に生える北米原産の一年草です。別名を「アメリカミズキンバイ」と言い,大型の帰化植物です。日当たりのよい田んぼや河原まどで群生します。花弁は4枚で葉脈状の筋が見られます。
【オオイヌタデ】
 そのすぐ脇で「オオイヌタデ」を見つけました。タデ科・タデ属の1年草です。日本全土の道ばたや畑,荒地などにごく普通に生える植物で高さは大きいもので2m近くになります。別名を「カワタデ」とか「タデクサ」と言います。花は赤が多いようですが,白に近いものも見ることができます。
 ちなみに,「イヌタデ」は,ひざ下ほどの大きさですから,いかに大きいかがわかります。
【アシ】
 ところで,この時期に存在感を示すのが「アシ(葦)」です。大群落を作り,花穂を風になびかせていました。和名は「ヨシ(葦)」と言い,イネ科の大型多年草です。
 おもしろいのは,「アシ」は「悪し」を思い起こさせ縁起が悪いからと,「悪し」の反対の意味の「良し」から、「ヨシ」となったそうです。
 ちなみに,アシはよしず(葦簀)の原料です。
【ススキ】
 アシが群生している傍で,「ススキ」が一群れ,存在感を示していました。言わずと知れた,秋の七草の1つで,イネ科ススキ属の植物です。
 花穂が伸びる前は「カヤ(萱)」と言われたり,秋になって花穂が伸びてくると,「尾花」と言われたりします。
【オオブタクサ】
 最後は、北アメリカ原産の帰化植物で「オオブタクサ」です。
 皆さんご存知のように春先のスギやヒノキ,秋のブタクサ(オオブタクサ)と言われるように,花粉症を発症させる草花です。私も花粉症で悩まされるひとりですが,まったく厄介な植物です。
 見かけた株は川底から高さが道路面近くまでの高さがありましたから,約4mはあったかと思います。これからが最盛期を迎えます。皆さん,ご用心ください。
 【解説員K】

2018年9月27日木曜日

チョット気になります,路傍の花たち No.12(2018.9.27)

 今回はエノコログサです。イネ科エノコログサ属の1年草です。
 秋の代表的な雑草ですが,花穂が犬の尻尾に似ていることから、犬っころ草(いぬっころくさ)が転じてエノコログサという呼び方になったそうです。漢字でも狗(犬)の尾の草と書きます。
 花穂をネコの目の前で振ると,ネコがじゃれつくことから猫じゃらしとも呼ばれていますね。我が家の黒柴ももちろん猫ではありませんが,ピョンピョン跳び跳ねて奪い取ろうとします。狩猟本能をくすぐるのでしょうか。大好きですよ。
 ところで,エノコログサもじっくりと見ると,少し違いがあるようです。
【エノコログサ】
 

【アキノエノコログサ】
【ムラサキエノコロ】
【キンエノコロ】
 エノコログサは花穂が直立することが多く,アキノエノコログサに比べると,花穂がやや短めで,小ぶりです。一方,アキノエノコログサは背丈も大きく,花穂が垂れてくるのが特徴です。ムラサキエノコロは,花穂の毛が淡い赤紫色をしています。また,キンエノコロは花穂が硬いため,直立して金色っぽく見えます。

 ところで,五穀の一つである粟(あわ)は,エノコログサから作り出された栽培植物ということを知っていましたか。粟もイネ科,エノコログサ属なのです。エノコログサが粟の原種であるとは驚きですね。
【解説員K】

2018年9月20日木曜日

チョット気になります,路傍の花たち No.11(2018.9.20)

 小笹団地正門前のバス停から植物園方面へ階段を上がってくると,登りきった脇に1本立ちの菊のような花が咲いているのを見つけました。途中折れ曲がっていましたが,伸ばしてみると高さは2mほどあります。花弁は薄い黄色で花弁の中心には多くのおしべと,先っぽが二つに分かれためしべが見えます。
アキノノゲシ
 名前は「アキノノゲシ」。キク科アキノノゲシ属の一年草または二年草で,和名は春に咲くノゲシに似て、秋に咲くことから付けられました。茎を切ると白い乳液が出てきますが、乳液が皮膚に付着して直射日光を浴びると、かぶれることがあります。花が終わると綿毛状になって,風に乗って種子を飛ばすようです。


レタス
 突然ですが,ここで「レタス」の話をします。
 新鮮なレタスを切ると,白い乳液が出ますよね。これは,苦みを持つサポニン様物質というポリフェノールの一種です。レタスの学名「Lactuca sativa」のlacは「乳」という意味で,さらにレタスの和名を「ちしゃ」といいます。ちしゃは,ちさ(乳草)から来ていると言われています。
 ここまでお話すると,お気づきかと思いますが,アキノノゲシもレタスも同じ仲間なのです。レタスは地中海沿岸、西アジア原産のキク科アキノノゲシ属の一年草または二年草です。
 レタスがキク科なんて,ちょっと驚きですね。ちなみに,アキノノゲシも3,4月頃の新芽や若葉は食べられるそうです。
 余談ですが,レタスとキャベツは同じ仲間だと思っていませんか。実は,キャベツは菜の花と同じアブラナ科なんです。おもしろいですね。
 【解説員K】