2018年8月15日水曜日

チョット気になる、路傍の花たちNo.5(2018.8.15)

ヤブガラシ
 ブドウ科のつる性の多年草です。
この時期,どこでも必ず見かけるヤブガラシです。一見すると,とてもかわいらしい花ですが,節から伸びる巻きひげで,他の植物やフェンスなどにからみついて這い広がります。そして,絡みついた植物をおおって枯らしてしまうのでこの名がついたそうです。
 別名もビンボウカズラ(貧乏葛)と言い,正直,不名誉な名前がついています。畑や藪にふつうに生え,地下茎で増えるので,地上部を抜き取っても地下茎が残るため,除草がとても厄介です。
 しかし,昆虫たちにとっては大切な蜜源植物であり,写真のオレンジ色に見える部分は花盤とよばれ,たくさんの蜜を出しています。そして,じっくりと見てみると,4枚ある黄緑色の花弁がついているのがわかりますね。それらの花弁はやがて落ちてしまいます。

ヘクソカズラ
 アカネ科,つる性の多年草です。漢字で書くと,「屁糞葛」となります。とんでもない名前が付いています。多くの小さな花をつけ,とてもかわいいのですが,葉や茎にはとても強い悪臭があります。別名を,「灸花(ヤイトバナ)」,「サオトメバナ」,「馬食わず」と言います。
万葉集の中に「くそかずら」の名で詠まれた句があります。万葉集というと,奈良時代です。その後に「屁」もついたわけですから,どれだけ臭いか想像できることでしょう。資料を見ていたら,スカンクの屁の主成分と同じ臭気だと書いていました。害虫から身を守るためにこのようになったのだそうです。
 花後は実ができますが,その実がやがて緑色からヤマブキ色になり,リース作りの材料によく使われ重宝されています。実は乾燥すると臭気は,ほとんどなくなるそうです。
【解説員K】

2018年8月9日木曜日

チョット気になります、路傍の花たちNo.4(2018.8.9)

  温室入り口前で5,6年生くらいの女の子と母親が、ユウガオやヨルガオなどの鉢物を見ながら、
次のような話をしていました。
 娘:「ヨルガオとユウガオって,あるんやね。お母さん,知っとった?」
 母:「アサガオは朝から咲くでしょう。ヒルガオはお昼よね。ユウガオやヨルガオは
   名前は聞いたことがあるけど,あまり見たことがないかな。」
 娘:「つぼみはいっぱいついているけど,咲いてないね。」
 母:「やっぱり,夕方から咲くんじゃない。」


 それでは問題です。
 「アサガオ」,「ヒルガオ」,「ヨルガオ」、「ユウガオ」の中で,1つだけ仲間ではないものがあります。さぁ,どれでしょう。答えは最後まで読んでいただければわかりますよ。
① アサガオ 
 子どもたちが栽培活動で初めて出合う花と言っても過言ではないでしょう。
 多くの小学校で入学直後に生活科の学習で最初に種まきをするのがアサガオです。花色も青,紫,ピンク,白などの他に,写真のように花弁の中心に向かって筋状に白い模様が入るものや,大輪咲き,キキョウ咲きなどの変化アサガオ,そして,葉に斑が入るものまで多種多様です。
 ヒルガオ科の1年草で,その歴史は古く,奈良時代後半から平安時代にかけて,薬用植物として中国から日本に入ってきたと言われています。そして,江戸期に入って,観賞用として本格的に多くの園芸品種が生み出され、現代に至っています。

②  ヒルガオ
 日本原産でヒルガオ科の多年草です。午前中から咲き始め,昼を過ぎても咲いています。アサガオに比べると,花も小さく,路地や空き地でよく見かけます。冬は地上部が枯れてしまいますが,春には芽吹き,蔓を伸ばしていきます。
 生育が旺盛で、どちらかというと、雑草的なイメージがあるヒルガオです。
③  ヨルガオ
 熱帯アメリカ原産のヒルガオ科の多年草です。日本では1年草として取り扱っています。
 夕方から咲き始め,甘い芳香を発しながら暗闇に純白の花を咲かせ,翌朝にはしぼんでしまいます。花柄を摘んでやると,次から次に咲かせます。もちろん,種をとる目的があれば,そのままにしておきます。これは、他の植物も同じです。
④ ユウガオ
 名前の通り,夕方から咲き始め,翌日の朝にはしぼんでしまうウリ科の1年草です。
 北アフリカ,インド原産で,結実するとウリができます。このウリを細長く剥いで加工したものが巻きずしに入っている干瓢(カンピョウ)です。ウリ科のヒョウタンとは同じ仲間になります。

ユウガオの実
と言うことで,正解は4番のユウガオです。
【解説員K】

チョット気になります,路傍の花たち No.3 (2018.8.9)


ヤナギハナガサ
 南アメリカ原産でクマツヅラ科の多年草です。空き地や道路脇などで見られる帰化植物です。学名を「バーベナ・ボナリエンシス」、別名を「三尺バーベナ」と言います。バーベナ・ボナリエンシスの「ボナリエンシス」は「ブエノスアイレス産の」という意味です。「バーベナ」はヘブライ語の「herbabpna(よい植物)」が語源で、宗教上において神聖な草であることに由来しています。三尺バーベナと言われるくらいですから,90cm以上の草丈になります。この花は茎に特長があり,茎の断面は四角形で,中は中空になっています。

アレチハナガサ
 ヤナギハナガサと同じ南アメリカ原産の外来種です。空き地や道端などいろいろな場所で群落をつくります。草丈が高く荒れ地などに群生しますが,花が小さくてあまり目立ちません。茎の断面は四角形でヤナギハナガサと同じですが,茎は中空ではなく,つまっています。
 葉の基が茎を軽く抱いていればダキバアレチハナガサ(抱葉荒地花笠)と言う近縁種もあります。茎には小さな毛で被われており,アレチハナガサには毛がないので,区別ができます。
ブタナ
 ヨーロッパ原産でキク科の多年草です。日本では外来種(帰化植物)として各地に分布し,環境省は要注意外来生物に指定しています。別名を「タンポポモドキ」,「フタマタタンポポ」と言い,タンポポの花が終わったころから夏にかけて、タンポポとよく似た花を咲かせます。また,フタマタタンポポと言う別名があるように,花茎の途中から二股に分かれて,それぞれに花を咲かせるのが特徴です。
 葉は地際からロゼッタ状に広がり,花茎に葉はつきません。タンポポよりもかなり肉厚で,小さな毛がいっぱい生えています。
 フランスでは豚が好んで食べることから「豚のサラダ」とよばれていたのが、そのまま和訳されて,ブタナ(豚菜)となったそうです。若葉の頃はクセが少なく、サラダや茹で野菜、揚げものなどで食べることができます。
【解説員K】

2018年8月4日土曜日

“太陽がギンギン照らすひまわりを” 俳句の展示入れ替えました。(2018.8.4)

 野草園の休憩所内に展示している俳句の作品を入れ替えました。


 毎日暑い日が続きますが,こんな暑い中でも植物園に来て投稿いただいた,大変ありがたい俳句を展示しています。
 また,今回は,弥永小学校6年生の児童の皆さんの俳句も展示しています。
 その中から,素人の私が,独断と偏見でいくつかご紹介しますね。




 まず児童の作品から,夏らしい「ひまわり」の句。
  
  “太陽がギンギン照らすひまわりを” 神宮憂雅
  (たいようがぎんぎんてらすひまわりを)
  
  “ひまわりは夏のでばんだかがやくよ” 松浦樹愛
  (ひまわりはなつのでばんだかがやくよ)














 植物園の入口花壇では、11品種3,600株のヒマワリたちが、まさに今、「夏のでばんだ」とばかり、太陽に「ギンギン」照らされながら、元気に「かがやいて」ますよ!
 キク科ヒマワリ属で,中央アメリカからペルーにかけて分布するヒマワリは,インカ帝国では太陽神のシンボルとみなし崇めていたそうです。15世紀のコロンブスのアメリカ大陸発見後,早くにヨーロッパに移され,17世紀初頭には園芸書に登場するなど,観賞用の植物として広まっていたようです。
 ゴッホのヒマワリの絵は有名ですが,19世紀にゴッホがヒマワリを単独で描くまでは,絵画の中では多くの花の一つとしてしか扱われていなかったそうです。
 日本では,江戸時代中期以降,伊藤若冲などの絵でヒマワリが単独で登場しており,その頃には日本人にも親しまれていた花だったのでしょうね。(小学館「園芸植物大辞典」を参考に記述しました)

 
 もう一つ、夏といえば「朝顔」。






























  “朝顔の一番咲きの色は何” 湧水
  (あさがおのいちばんざきのいろはなに)


 小学生の時に初めて学校で植物の栽培を習うのがたいていアサガオで,日本人には馴染みの深い植物ですよね。
 ヒルガオ科アサガオ属のアサガオは,実は中南米の原産で,日本には奈良時代に中国から渡ってきて,当初は薬用として使われていましたが,すぐに観賞用として広く栽培されるようになりました。江戸時代になると,いろいろな植物で,斑入りのものや変わった色や形の花などの変異を楽しむ「園芸ブーム」が起こりましたが,アサガオも「変化朝顔」と呼ばれる、私たちが知るアサガオとは似ても似つかぬ花を咲かせるアサガオを栽培する技術が発達しました。(化学同人「変化朝顔図鑑」を参考に記述しました)


























 


 福岡市植物園では、7月24日から9月2日まで、温室ギャラリー室で「アサガオ展」を開催しています。園芸品種と変化朝顔をそれぞれ約20品種ずつ,合計約80鉢展示しています。「空調のきいた涼しい」温室ギャラリーで、いろんなアサガオに癒されに、是非おいでください!



 偶然(?)植物以外の同じ生き物を季語にした、児童の句と大人の句を紹介します。


  “梅雨空を見上げて合唱雨蛙” 平山優心
  (つゆぞらをみあげてがっしょうあまがえる)


  “けふひと日恙無きにと雨蛙” 柳井扶美代
  (きょうひとひつつがなきにとあまがえる)




















 “かたつむりあじさいの上乗っている” 永松誠梧
  (かたつむりあじあいのうえのっている)


  “原発の廃炉は遠し蝸牛” 越智政弘
  (げんぱつのはいろはとおしかたつむり)










































 福岡市動植物園がある南公園は、約28ha(ヤフオクドーム4個分!)もある、都会の中に残る貴重な「自然」です。この中にはいろいろな生き物がいます。まさに生物多様性の宝庫!アマガエルもカタツムリもたくさんいます。
 私の子どもたちは身の回りに「自然」がないところで育ったので、アマガエルやカタツムリを身近で見たことがないんじゃないかと心配するんですが、弥永小学校の児童たちは生き生きと表現していますよね。通学途中などで見られるのかもしれません。生物多様性ができるだけ維持される環境を子どもたちに残してあげたいものです。




*今回展示している俳句の一覧です。
















































































































































(園長 井上)

2018年8月2日木曜日

ヒスイカズラのタネ出現(2018.8.2)



 今年3月から4月にかけて、回廊温室と大温室で神秘的な色の花を次々に咲かせて私たちを楽しませてくれたヒスイカズラ【翡翠蔓】(マメ科)。


 フィリピン諸島のごく限られた地域にのみ自生するつる性植物で、自生地ではオオコウモリの仲間が花粉を媒介して受粉しているといわれています。わが国のオオコウモリがいない環境では交配は困難な訳ですが、当園の温室管理担当がコウモリ役(Batman!)になって人工授粉に挑戦したところ、3月末にみごと受粉・結実に成功しました。


 この果実がぶら下がっている写真は5月20日に撮影したものです。各地の植物園でも人工授粉が行なわれており、その記録を拝見するとせっかく結実してもまもなく落果してしまうなど最終的な結実率はかなり低いようですが、当園ではこの1個が残りました。
 資料によると成熟期間は120日とのことですが、7月31日に熟した果実が裂けて中からタネが飛び出しているのを温室担当が発見しました。


 果実の中には大形のタネが4個入っていました。温室担当は、次は採取したタネの発芽に挑戦するとのこと、結果が楽しみです。                               (解説員)

2018年8月1日水曜日

チョット気になります,路傍の花たち No.2(2018.8.1)

オシロイバナ(白粉花)
南アメリカ原産でオシロイバナ科の多年草です。花色が豊富で,赤や黄色,白,オレンジ,ピンクなどがあります。また,写真のように絞り咲きや咲き分けのものも多く見られます。
 ロウト状の花ですが,本当の花びらは退化してありません。花びらのように見えるのは萼(ガク)で、緑色の萼(ガク)に見えるものは総苞(ソウホウ)です。
 オシロイバナは、夕方から咲き始めるため,英名でFour o’clock(午後4時)と言います。夜の間もずっと咲き続け,翌朝まで咲いています。
 花の奥には蜜があり、私が子どものころは蜜を吸ったり,色水を作ったりして遊びました。また,女の子たちは種をハサミで半分に切り,白い粉を取り出してお化粧をしたりしていました。しかし,根や種には毒性がありますので,要注意です。


ユウゲショウ(赤花夕化粧)
 南アメリカ原産でアカバナ科の多年草です。薄いピンク色の4弁花が可憐です。「夕化粧」と書きますが,実際には昼前から咲いているようです。
ところで,ユウゲショウ(夕化粧)は,今では「赤花夕化粧」と呼ばれるようになりました。先に紹介したオシロイバナも,別名を「夕化粧」と言い,秋の季語になっています。それと区別するためだと言われています。
 花後に実ができ,雨が降ると実が開いて,雨滴で種を巻き散らす性質(雨滴散布)があります。そして,雨が上がり乾いてくると,再び果実が閉じるそうです。不思議ですね。 
【解説員K】