2020年2月19日水曜日

ちいさな大発見!? No.66(2020.2.19)ジンチョウゲ科の仲間!

 園内を散策中,温室近くに来ると,どこからかとてもよい匂いが鼻をくすぐります。3大香木の1つ,ジンチョウゲです。そろそろ満開の時期を迎えつつあるのか,辺り一面を上品で甘い香りに包んでいます。
漢字では「沈丁花」と書きます

 ジンチョウゲはジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の常緑低木で,雌雄異株です。中国から入ってきたときに雄木ばかりだったようで,日本では実の付いた雌木を見ることはほとんどありません。
 花びらに見える部分は、ガクが筒状に変化したもので、花弁ではありません。よく見かける内側が白色、外側が紫のものは「ウスイロジンチョウゲ」と言い,他にも花全体が白い「シロバナジンチョウゲ」もあります。
これが「シロバナジンチョウゲ」

 もう一つ,同じジンチョウゲ科のミツマタも香りの路で開花が始まりました。
 これも中国やヒマラヤが原産で,うつむくように下を向いて咲く花にはジンチョウゲとはまた違った芳香があります。黄色い花弁に見えるものは,4つに裂けて反り返っているガクです。そして,小さな花がたくさん集まって1つの球形をつくっています。
満開になると見事ですよ!

 この樹木の特徴は何といっても,どの枝も3つに分かれているところであり,これがミツマタの名前の由来になっています。
 この2つの植物の共通点として樹皮がとても強い繊維質でできており,特にミツマタは良質の紙の原料として有名で、紙幣などにも使われています。

 最後に,もう一つ同じジンチョウゲ科の仲間を紹介します。オーストラリア原産で常緑の小低木,ピメレア・フォーシーズンズです。
今はまだ小さくめだちません!

 ジンチョウゲのように小さな花が集まって,1つの大きな球状の花をつくっています。名前の通り,四季咲きです。まだ,植えたばかりですから,30cmほどの高さしかなく,花も少なめです。ピメレア・フォーシーズンズは草本ではなく,木本と聞いて驚かされます。濃淡のあるピンクの花弁(実際はガク)が球状になるそうです。
 市民花壇で見ることができますよ。もし見つけられなかったときは遠慮なく声をかけてください。普段は情報館1階にいます。
【解説員K】

0 件のコメント:

コメントを投稿