ちいさな大発見No.138(2021.7.27)幸せを呼ぶ青い蜂?

 みなさんは‘幸せを呼ぶ青い蜂’って、聞いたことがありますか。通称、ブルービーと言われています。 

ミツバチと同じくらいの大きさ 

カラミンサで吸蜜


 正式名称はナミルリモンハナバチ(波瑠璃紋花蜂)と言います。ミツバチの仲間ですが、青と黒の縞模様がとてもきれいです。

 個体数が少なく希少性の高い蜂で、地域によっては絶滅危惧種に指定されています。この蜂を見かけると、幸せが訪れるとか。私はこの数日、毎日見かけています。

カメラに収めるのが大変!

 ところで、このブルービーは自分の巣をつくらずに、コシブトハナバチの巣に卵を産み付ける‘托卵’という独特な生態をもっています。つまり自分では子育てを一切せずに、他人にすべて任せるのです。

 少なくともコシブトハナバチにとっては、幸せを呼ぶ蜂ではないようです。

2匹同時撮影は・・・無理でした!

 今、ハーブ園のアニスヒソップやカラミンサなどの花に集まっています。静止することがほとんどなくせっせと飛び回っています。しばらくするとどこかに飛んでいくのですが、また戻ってきます。タイミングによりますが、2~3匹は確認できますよ。

 是非、見に来てください。

【解説員K】


コメント

このブログの人気の投稿

「卯の花」ってどんな花?(2017.5.31)

秋でもないのに・・春の紅葉(2020.4.4)

さまざまな樹皮の表情(2017.12.14)