“去年今年祈り変らじ子らの幸” 俳句小屋の展示作品を入れ替えました(2022.1.17 )

(松尾先生より)

先月末に、俳句小屋の展示を入れ替えました。閑散期だけに投句数は少なめでしたが、それでも小屋いっぱいに俳句を展示することができました。ありがとうございます。
その中から子どもさんのことを読まれた作品を3点ご紹介します。

"去年今年祈り変らじ子らの幸" 松子
(こぞことしいのりかわらじこらのさち)

"焼き芋を頬張る吾子の笑顔かな" ポンタ
(やきいもをほおばるあこのえがおかな)

"子供らの声楽しみて秋散歩" 隆庵
(こどもらのこえたのしみてあきさんぽ)

子どもを想う気持ちはいつの時代も同じですね。今年も花や木を観て楽しんで、思い出をたくさん作っていただけたらなと思います。そして感じたことを言葉にして、俳句もどしどしご投稿くださいね。今年も俳句コーナーをよろしくお願いします!


俳句の展示は、当園で句会を開かれている「植物句会」松尾康乃先生のご協力のもとに行っており、約1か月おきに入れ替えています。俳句は野草園休憩所(俳句展示スペース)と、緑の情報館1階のポストで受け付けています。初心者の方も大歓迎です。みなさんのご投句を、お待ちしています!

※今回展示している俳句の一覧です。


<俳句係 M>

コメント

このブログの人気の投稿

「卯の花」ってどんな花?(2017.5.31)

秋でもないのに・・春の紅葉(2020.4.4)

さまざまな樹皮の表情(2017.12.14)