2021年7月18日日曜日

ちいさな大発見No.137(2021.7.18)ミッキーマウスの木? 

  今、廻廊温室ではヒペリカムに似た黄色い花と、奇妙な形をした果実を見ることができます。

一見すると、ヒペリカム? 

〇〇に見えますか?

 花は5弁花(たまに6~7弁)で、雌しべは1本、雄しべは多数あります。花後に花弁は落ち、やがて受粉した子房が膨らんで緑色の果実ができます。そして、黒い実に熟す頃、黄緑の萼がオレンジ色から赤くなって反り返ります。その姿がミッキーマウスに似ているということから、「ミッキーマウスの木」と言われています。

まだ熟していない果実

 学名はオクナ・セルラタと言い、南アフリカ原産の常緑低木です。

 このオクナ・セルラタには異なる2つの見方があります。

 1つは野鳥が果実を食べることで、糞と共に種子が撒き散らされ、オーストラリア東部では在来植物を駆逐してしまうほど増え、持ち込みが禁止されて駆除の対象となっているということです。

 もう1つ、東南アジアではその黄色の花や実付きから祝の木として好まれ、南アフリカでは、黒と赤、そして黄色のコントラストから魔避けや邪気払いとして大昔から庭先などに植えられ、現在でも縁起担ぎの植物としても親しまれているということです。 


  ミッキーマウスの木を是非、見に来てください。

【解説員K】


0 件のコメント:

コメントを投稿