2016年12月1日木曜日

植物園にリス出現?!(2016.12.01)



 今日、モデル庭園を歩いていると、目の前に動物の耳らしきものが!
リス? はたまたムササビか?


表から見ると、何やら黒いぞ・・・・?

正体は、ハクモクレンの冬芽でした。
ハクモクレンは、この綿毛に包まれた「苞(ほう)」を脱ぎ捨てながら、
春に向けてつぼみをふくらませていきます。


まだまだ緑の葉がたくさん残っていますが、もう、1回目の「苞」脱ぎ中です。

苞のアップ写真。
大きさは2~3センチほど。
毛並み?もつややかで、ほんとうに動物みたいです。

触発されて園のスタッフがつくったクラフトです。
ピッタリです。
知らない人は「この耳は何でできているの?」と必ず聞いてしまいます。

この材料を手に、この冬、スタッフの工作の腕もますます上達しそうです。

(園長 上田)

0 件のコメント:

コメントを投稿