2016年12月28日水曜日

門松に飾られる植物分かります?(2016.12.28)


いよいよ,クリスマスも終わり,年の瀬が迫ってきました。そのような中,福岡市植物園の正門前にも門松が設置されました。

 


最近では,だんだんと街中で見ることが少なくなった門松ですが,そもそも,門松に飾られている植物ってどんなものが思い出せるでしょうか?


今回,植物園の門松に使用している植物は次の通りです。

   竹(タケ)

竹は,とても生長が早く,真っ直ぐ上に伸びることから,生命力を象徴し,また,長寿であることから,長寿,繁栄の象徴ともされています。

   松(マツ)

松は一年中葉を落とさない常緑樹として,「永遠の命」を意味するとも言われています。また,古代より神聖な木として,長寿のシンボルとなっています。

   万年青(オモト)

漢字で「万年青」と書く通り,常緑で長寿と健康の象徴とされています。

   梅(ウメ)

新春,一年の始まりを意味するとして,古代より親しまれ,実をつけることで大変縁起が良いものとされていました。

   南天(ナンテン)

南天は,ナンテン(難転)として「難を転ずる」に通じる縁起物として,正月飾りに用いられるようになりました。

   万両(マンリョウ)

沢山の赤い実をつけるマンリョウは子孫繁栄を意味しています。

   葉牡丹(ハボタン)

葉牡丹の幾重にも重なり合う葉が,「吉事を重なる」とされ縁起物とされました。


このように,古代から日本人は,植物を愛し,植物と共生していたことが,よく分かります。

また,門松以外にも多くのお祝い事や節目など多くの場面で,植物が意味を持って使われています。
今後も,このブログで少しずつご紹介していきたいと思います。


門松は,1月15日(日)まで飾っておりますので,新年,植物園にお越しの際には,是非,門松もご覧ください。


■福岡市植物園は12日(月)より開園しております。

12日(月)は先着200名様に「お年玉プレゼント」として花鉢などのプレゼントを行います。

16日(金)は先着200名様に七草粥の無料配布がございます。


                                           (植物展示係)

0 件のコメント:

コメントを投稿