2017年3月13日月曜日

出会いと別れとサクラの季節(2017.3.13)

卒業,入学,退職,新社会人,春は出会いと別れの季節です。
そして,それを彩る植物といえば,サクラ。
ということで,今回は,福岡市植物園にあるオススメのサクラを紹介します。 

1)  ソメイヨシノ
言わずと知れた,サクラの代表格。葉が付く前に花を付け,一斉に咲いて一斉に散るソメイヨシノはいつ見ても圧巻です。
 

2)  ヤエベニシダレ
植物園を入ってすぐ左手にあるのが,このヤエベニシダレです。樹形も綺麗で植物園のシンボルツリーの一つでもあります。4月の中旬くらいには満開のヤエベニシダレがゲートすぐそばにいますので,植物園に来られる際にはワクワクしながらゲートをお通り下さい。

3)  ギョイコウ
一風変わった花をつけるのが,このギョイコウ。遠目には葉っぱのようにも見えるのですが,淡緑色の花をつけることで有名です。ギョイコウは4月の中旬くらいに満開を迎えます。



4)  ウコン
ウコンの根を使って染めたかのような花の色からこの名が付きました。4月の中旬に淡黄色の珍しい色を付けますので,ぜひ,植物園で直に見てみて下さい。




別れてしまう人,新しく出会った人を誘って植物園にサクラを見に来て,一緒の思い出を作りませんか?
福岡市植物園内には全部で48種もの桜があります。そのため,3月から4月までと長い期間サクラを楽しむことが出来ますので,ぜひ,植物園にお越しください。

                                    (植物展示係 H

0 件のコメント:

コメントを投稿