2017年4月5日水曜日

これもイギリス生まれ アーコレード(2017.4.5 )





 先日(2017.3.22)のブログでイギリス生まれの桜「オカメ」を紹介しました。その後「オカメ」は花が終わってすっかり葉桜になりましたが、そのすぐそばで花数を増やしているのが「アーコレード(Accolade)」です。英語名をそのまま和名としていますが、この桜もイギリス生まれの園芸品種です。オオヤマザクラとコヒガンの交配により育成された品種で、半八重咲き、淡紅色の花をつけます。

              

 この品種で興味深いことは、母国イギリスでの開花期は春とされていますが、我が国では環境条件によるものか、春と秋(9~11月)の二季咲きになっています。

              
 この写真は4年前の秋(10月30日)の開花状況です。秋咲きのほうが花が小型でやや色も薄いようです。
 二季咲きの桜では、現在コブクザクラ【子福桜】も開花中です。この桜はシナミザクラとジュウガツザクラの雑種とされており白色の八重咲きです。

              

 ソメイヨシノをはじめ多様なサクラの品種を楽しめる植物園であなた好みの桜を探してください。                                                  (解説員)



 

0 件のコメント:

コメントを投稿