2017年6月15日木曜日

夏を先取り(2017.6.14)

夏の風物詩といえば「アサガオ」。
東京の入谷朝顔まつりは、毎年七夕の季節に開催される有名な朝顔市です。
今回は、夏を代表するアサガオを少し早くから楽しもうということで、開花調節しました。
この花は、六月十四日の朝の写真です。
普通のアサガオですが、実は六月三日から開花が始まり、次々に咲いています。
種まきは四月十二日です。種子の一部の皮を爪切りで破って、播種しました。
四月二十日、短日処理前の苗の様子です。双葉が開いた段階で、真っ暗な小屋に入れて二日後に取り出しました。
五月七日、本葉が展開し始めたアサガオです。まだ、蕾は確認できません。
五月二十日、蕾らしきものが確認できました。本葉六枚目の脇に第一花がついています。
六月二日、翌日には開花しそうな蕾を発見。少しピンク色が見えています。
六月三日、初花が開花しましたが、私はお休みだったので観ることができませんでした。残念。
その後は毎日、開花しています。
播種から53日目、短日処理終了から43日目に開花しました。
一度短日処理をして開花習性がついた株は、次々に花を咲かせます。
皆さんも、アサガオの短日処理で「夏を先取り」してみませんか。
(緑の相談員 O)

0 件のコメント:

コメントを投稿