2020年9月11日金曜日

“うしろより追ひかけてくる暑さかな”俳句小屋の展示作品を入れ替えました(2020年9月11日)

 


先日,俳句小屋の展示作品を入れ替えました。8月もご投句ありがとうございました!今回も投句していただいた作品のほとんどを展示しています。その中から数点ご紹介します。

猛暑続きだった8月は,その暑さを詠んだ作品が目立ちました。



“うしろより追ひかけてくる暑さかな” 美知子
“打ち水を枯れた花にも掛けてやり” 脩
“夕涼みトラ・ライオンも右往左往”  よしき
“暑い夏冷たいアイスかじりたい”  りつ

追いかけられ,追いつかれ,逃げ場のないような連日の暑さ。植物達もぐったりしていて,水やりはかかせません。

そしてもう一点。

“さみどりのトンネル蔵す鉄砲百合”
(さみどりのトンネルぞうすてっぽうゆり)
※先生の添削により,写真の表記と違う箇所があります。

さみどり【早緑】とは,若葉のような明るい緑色のこと。蔵すとは所蔵すること,つまり内にしまっているという意味だそうです。さみどり色のトンネル,くぐってみたいですね!また,テッポウユリは,福岡市植物園では6月に見頃を迎えていました。


俳句の展示は,当園で句会を開かれている「植物句会」松尾康乃先生のご協力のもとに行っており,約1か月おきに入れ替えています。投句は野草園休憩所(俳句展示スペース)と緑の情報館1階のポストで受け付けています。初心者の方も大歓迎です。みなさんのご投句を,お待ちしています!

※今回展示している俳句の一覧です。


<俳句係M>

0 件のコメント:

コメントを投稿