2020年9月1日火曜日

ちいさな大発見No.100(2020.9.1)ウコン!?

 みなさんは「ウコン」と聞いて何を思い浮かべますか?
 やっぱり某食品メーカーが出している二日酔いに効くと言われる「ウコンの力」でしょうか?私も若い頃,少しだけお世話になったことがあります。また,英名のターメリックより,カレー粉の原料を思い浮かべる人もいることでしょう。カレ-が黄色いのはウコンの黄色色素(クルクミン)によるものです。

 ところで,ウコンの花や葉を見たことがありますか。ウコンはインド原産でショウガ科クルクマ属の多年草です。 葉はバナナやカンナによく似ています。
左が秋ウコン,右が春ウコン

 今,ハーブ園では秋ウコンの花が咲いています。実はウコンには春ウコン,秋ウコン,紫ウコンなどがあります。やっぱりいちばん有名なのは秋ウコンで所謂,「鬱金」です。
ウコンの花

 白い花弁に見えるのは葉が変化した苞葉で,中央下で黄色く見えているのが本当の花です。葉の中に頭を突っ込んで,香りを嗅ぐと,かすかにウコンの匂いがしました。

 また,春ウコンは姜黄(キョウオウ)と言い,花は苞葉全体がうすいピンク色です。
6月9日撮影

 最後にクルクマ属ということで,同じ仲間のクルクマを紹介します。Curcumaはアラビア語でウコンを意味するそうです。切り花で,とても長持ちするので,人気がある花です。クルクマ・シャロームなどが有名ですね。
 写真は3週間前に購入したクルクマです。他の花は枯れてしまいましたが、こちらはまだ頑張っています。
【解説員K】


0 件のコメント:

コメントを投稿