2019年3月20日水曜日

ちいさな大発見!? No.27(2019.3.20)「ソメイヨシノ」の開花!

 本日,福岡市植物園では,待望の「ソメイヨシノ」が開花しました。うすいピンクの5弁花が風に揺れ,春の到来を告げています。
「ソメイヨシノ」

 3月1日から毎朝の10時30分頃,南公園花見広場にある3本の標本木を観察してきました。
 3本それぞれの主幹,側幹,下幹の3ヶ所を,11段階でチェックします。1は「つぼみ」を,2が「ふくらむ」,3が「ちらほら」で今回の開花にあたります。そして,途中は省略しますが,5が「三分咲き」,8が「満開」,10が「落花盛ん」,11が「散り終え」となっています。
 なお,園内芝生広場や花木園Bにあるソメイヨシノの開花状況は2にあたり,ずいぶんと蕾も膨らんできましたが,写真のような状況です。
 開花が待たれる芝生広場の「ソメイヨシノ」

 今見頃の桜は,「アマギヨシノ」と「カンヒザクラ」を交雑させて作ったと言われる園芸品種の「ヨウコウザクラ」です。カンヒザクラの系統が残っているので,とても濃いピンク色をしています。
 一重咲きで大輪の「ヨウコウ」

 是非,植物園に足を運んでみませんか。
【解説員K】

0 件のコメント:

コメントを投稿